スポーツ

「佐々木朗希VS大谷翔平」夢の対戦シミュレーションの「火の出るようなオープニング」

 今季もリアル二刀流でメジャーの話題をさらっているエンゼルスの大谷翔平。打者としては、5月14日(日本時間15日)にメジャー通算100本塁打を達成した。昨年は日本人初の本塁打王を逃しただけに「今年こそは」と期待がかかっている。

 一方、日本のプロ野球界は「令和の怪物」の異名を持つ、ロッテの佐々木朗希の話題で持ちきりだ。4月10日に行われたオリックス戦では完全試合、そして日本新記録となる13者連続三振という偉業を達成。次の登板となった日本ハム戦でも、途中降板とはなったが、8回までパーフェクトという異次元の活躍を見せた。

 世界レベルのスーパースターとなった大谷に対し、同郷・岩手県の先輩の背中を追う佐々木。そんな2人の「直接対決」がここに実現した。

 打者・大谷翔平と投手・佐々木朗希の5番勝負。いざ、プレイボール!

 まずは佐々木が挨拶代わりに、火の出るような自己最速164キロストレートを胸元に投げ込んだ。これにはメジャーで豪速球に慣れている大谷といえども、バットが空を切る。

 初対戦の初球に「真っ向勝負の直球を佐々木が投げてくるのは必然」と言うのは、屈指のスラッガーだった球界OBの松永浩美氏だ。

「自分の豪速球が通用するのかどうか、試してみたいというのが投手の心情です。初球ストレートの選択はうなずける」

 続いて2球目は、長打を警戒しながら、外角高めにまたしても直球。これはファウルとなる。大谷も160キロ超えのスピードボールをバットに当てて、意地を見せた。

 そして──。

 息詰まるハイレベルな攻防は、いかなる結末を迎えるのか。この続きは、発売中の「週刊アサヒ芸能」(6月2日号)で──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる