スポーツ

「佐々木朗希VS大谷翔平」夢の対戦シミュレーションの「火の出るようなオープニング」

 今季もリアル二刀流でメジャーの話題をさらっているエンゼルスの大谷翔平。打者としては、5月14日(日本時間15日)にメジャー通算100本塁打を達成した。昨年は日本人初の本塁打王を逃しただけに「今年こそは」と期待がかかっている。

 一方、日本のプロ野球界は「令和の怪物」の異名を持つ、ロッテの佐々木朗希の話題で持ちきりだ。4月10日に行われたオリックス戦では完全試合、そして日本新記録となる13者連続三振という偉業を達成。次の登板となった日本ハム戦でも、途中降板とはなったが、8回までパーフェクトという異次元の活躍を見せた。

 世界レベルのスーパースターとなった大谷に対し、同郷・岩手県の先輩の背中を追う佐々木。そんな2人の「直接対決」がここに実現した。

 打者・大谷翔平と投手・佐々木朗希の5番勝負。いざ、プレイボール!

 まずは佐々木が挨拶代わりに、火の出るような自己最速164キロストレートを胸元に投げ込んだ。これにはメジャーで豪速球に慣れている大谷といえども、バットが空を切る。

 初対戦の初球に「真っ向勝負の直球を佐々木が投げてくるのは必然」と言うのは、屈指のスラッガーだった球界OBの松永浩美氏だ。

「自分の豪速球が通用するのかどうか、試してみたいというのが投手の心情です。初球ストレートの選択はうなずける」

 続いて2球目は、長打を警戒しながら、外角高めにまたしても直球。これはファウルとなる。大谷も160キロ超えのスピードボールをバットに当てて、意地を見せた。

 そして──。

 息詰まるハイレベルな攻防は、いかなる結末を迎えるのか。この続きは、発売中の「週刊アサヒ芸能」(6月2日号)で──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史