芸能

超売れっ子毒舌芸人・有吉弘行の素顔はチョー“いい人”!?

「有吉AKB共和国」(TBS系)をはじめ、現在冠番組を何本も抱える有吉弘行(39)。1994年にお笑いコンビ“猿岩石”のボケ担当としてデビューし、一度は「進め!電波少年」でブレイクしたものの、以降は低迷。一時は仕事が全くない時代もあった。しかしここ数年で一気に盛り返し、今や芸能界で最も売れている芸人と言われている。

 有吉の人気の秘訣は、言わずと知れた歯に衣着せぬあの毒舌キャラなのだが、意外にも素の本人はかなり“いい人”だと評判のようだ。

「後輩芸人の面倒見はいいですよ。よく後輩を連れて寿司屋に行くのですが、彼らが遠慮しないように、まず自分が最初に寿司を選び“同じのを食べたいヤツ手を上げろ”というんです。若手芸人の間では通称“有吉さん飲み”と言われています」(事務所関係者)

 後輩芸人だけでなく、芸能界の仲間にも優しい。こんなエピソードも。

「AKB48の指原莉乃が、元彼とのスキャンダルで窮地に立たされた時も、有吉はラジオ番組で竜兵会に受け入れる意思を示し、多くの指原ファンから感謝されました。同様にスキャンダルでAKB48を追放されたそうになった峯岸みなみに対してもフォローのコメントを番組内で公表しています」(番組関係者)

“竜兵会”とは、ダチョウ倶楽部の上島竜平を中心としたリアクション芸人の集団。有吉もここに所属しているのだが、当時AKB継続も危ぶまれた指原を快く受け入れ、指原ファンの男性の心までつかんだようだ。

「彼は体調が悪くてもマネージャーには決して言わない。だから事務所はどんどん仕事を入れるわけですが、それでも完璧に番組を作ってしまう。今やビートたけしや明石家さんまに次いでスケジュールを抑えるのが難しいタレントと言われています」(テレビ局社員)

「千原ジュニアが有吉について“毒舌を言った後は絶対に笑う”のがポイントと言っています。そんな彼を『カウンター芸の極み』とも評してますね」(お笑い評論家)

 表では毒舌の辛口キャラ、プライベートでは本気で“いい人”の有吉。過去に“仕事ゼロ”のどん底を経験したからこそ、今の姿があるのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”