エンタメ

将軍の排尿を手伝い、高貴な娘のオナラを「肩代わり」…江戸の「珍職業」がオモシロすぎる

「公人朝夕人」──突然だが、これの読み方と意味が分かれば、相当な博識、江戸ツウと言えるだろう。

 正解は「くにんちょうじゃくにん」。江戸幕府将軍が上洛、参内などの際に付き従うことである。「朝夕に公務を果たす人」の意味からついた江戸時代の役職のひとつであり、尿瓶にあたる尿筒を袴の脇に差し込み、将軍の排尿を手助けする仕事であった。

 今となっては考えも及ばない、高貴な方のシモにまつわる風変わりな仕事。これを紹介したのは、女優にしてお江戸系ユーチューバーを自称する、堀口茉純のYouTubeチャンネル〈ほーりーとお江戸、いいね!〉でのことだった(5月13日)。

 このほか、上流階級の娘などに仕え、その娘が屁をひった際に「自分がした」と名乗り出て娘への非難を代わりに受ける「屁負比丘尼(へおいびくに)」といった役柄も。当然のことながら現代には存在するはずもなく、今聞けばまるでコントのような女性の仕事も存在したのだという。

 さらに、飴や歯磨き粉を売って歩く行商人が存在したなど、江戸時代のオモシロ商売も紹介された。

「江戸、楽しいですね。時代劇ではなかなか尿係の話は出てこないから、勉強になりました」というコメントも、まさしくその通り。

 いっそのこと、これら「下々のお仕事」にスポットを当てる、オトナ向け「夜の大河ドラマ」を制作してみてはどうだろう。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション