スポーツ

53歳の武豊「肉体の秘密」を専属トレーナーが激白!(2)柔軟性は騎手の平均値より上

「このジムは16年10月にユタカさんのプロデュースで設立しました。既存のジムと異なるのは、コンディショニングに理学療法技術を用いること。一般的な順序とは逆で、まず『インディバ』という高周波温熱機器などを使用して入念に体をほぐしたあと、トレーニングをするんです。トレーニングといっても『筋トレ』ではなく、可動域を広げたり、体幹を鍛えるメニューがほとんど。筋肉量を増やすのではなく質を上げる。騎手にとっては細くて柔らかい、しかも、しなやかな筋肉をつけることが重要なんです」

 同ジムには池添謙一騎手(42)や松山弘平騎手(32)のほか、昨年5月の落馬で長期休養していた北村友一騎手(35)など、数多くの騎手が通っているという。

「彼らと比べてもユタカさんの柔軟性は遜色ありません。クリストフ・スミヨン騎手(41)やライアン・ムーア騎手(38)の体も見たことがありますが、ライアンとユタカさんの柔らかさは共通していますね。柔軟性で言えば、これまで関わってきたジョッキーの平均値よりも上です。あと、体脂肪率や骨量を調べても、体内年齢は30代後半から40歳前後ですね」

 さらに武豊騎手が優れているのは「体の状態にセンシティブなこと」だと、長谷川氏が続ける。

「背中は感覚が鈍いところなのですが、背中の骨のどの部分がおかしい、と具体的に伝えてくれますし、関節の動きが悪い時もそう。昔と今でトレーニングメニューに大きな変更はありませんが、左肩が痛むと言われれば、いつもとは違う器具を使うことも。健康診断の結果も全て報告があるので、専門のドクターに相談することもあります」

 18年の平昌冬季五輪で金メダルを獲得した女子スピードスケートの小平奈緒選手(36)が「一本下駄」を使って体幹を鍛えていると知るや、すぐさまトレーニングに取り入れる。そうした好奇心旺盛な部分も若い肉体を維持する秘訣なのかもしれない。

 では、食事面ではどうなのか。

「ジムに来られるのは仕事のスケジュールが入っている日以外は毎日。やはり、月曜日とか火曜日が多いですね。ユタカさんは体のケアをきちんとされていますから、食事にしてもお酒にしても、特に制限はされていませんよ」

 毎週欠かさずトレーニングをすることで、食事等のストレスを抱えないこともトップジョッキーであり続けるためには重要なのだ。

 体のケアについてはJRAのホームページ内「騎手に迫る」のインタビューで「正直、若い頃はあまりしていませんでした」と話している武豊騎手。本誌連載でおなじみの細江純子氏も次のように話す。

「先日もユタカさんと『昔の自分が今のようなトレーニング方法を取り入れていたら、体の使い方も違ったのに』という話をしたばかり。昔は運動するといっても競馬学校の周りを走るか、背筋を鍛えたりする程度。それが今の競馬学校では、バランスボールに乗ってモンキースタイルを覚えるだけでなく、綱によるトレーニングで体幹を養い、バク転の練習もしています。とても理にかなっていて科学的なんですよ」

 武豊騎手がデビューして今年で36年目。これまで積み重ねた勝ち鞍は4350(5月29日時点)だ。目標とする通算5000勝も、長谷川氏との二人三脚なら、夢ではないかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」