スポーツ

53歳の武豊「肉体の秘密」を専属トレーナーが激白!(2)柔軟性は騎手の平均値より上

「このジムは16年10月にユタカさんのプロデュースで設立しました。既存のジムと異なるのは、コンディショニングに理学療法技術を用いること。一般的な順序とは逆で、まず『インディバ』という高周波温熱機器などを使用して入念に体をほぐしたあと、トレーニングをするんです。トレーニングといっても『筋トレ』ではなく、可動域を広げたり、体幹を鍛えるメニューがほとんど。筋肉量を増やすのではなく質を上げる。騎手にとっては細くて柔らかい、しかも、しなやかな筋肉をつけることが重要なんです」

 同ジムには池添謙一騎手(42)や松山弘平騎手(32)のほか、昨年5月の落馬で長期休養していた北村友一騎手(35)など、数多くの騎手が通っているという。

「彼らと比べてもユタカさんの柔軟性は遜色ありません。クリストフ・スミヨン騎手(41)やライアン・ムーア騎手(38)の体も見たことがありますが、ライアンとユタカさんの柔らかさは共通していますね。柔軟性で言えば、これまで関わってきたジョッキーの平均値よりも上です。あと、体脂肪率や骨量を調べても、体内年齢は30代後半から40歳前後ですね」

 さらに武豊騎手が優れているのは「体の状態にセンシティブなこと」だと、長谷川氏が続ける。

「背中は感覚が鈍いところなのですが、背中の骨のどの部分がおかしい、と具体的に伝えてくれますし、関節の動きが悪い時もそう。昔と今でトレーニングメニューに大きな変更はありませんが、左肩が痛むと言われれば、いつもとは違う器具を使うことも。健康診断の結果も全て報告があるので、専門のドクターに相談することもあります」

 18年の平昌冬季五輪で金メダルを獲得した女子スピードスケートの小平奈緒選手(36)が「一本下駄」を使って体幹を鍛えていると知るや、すぐさまトレーニングに取り入れる。そうした好奇心旺盛な部分も若い肉体を維持する秘訣なのかもしれない。

 では、食事面ではどうなのか。

「ジムに来られるのは仕事のスケジュールが入っている日以外は毎日。やはり、月曜日とか火曜日が多いですね。ユタカさんは体のケアをきちんとされていますから、食事にしてもお酒にしても、特に制限はされていませんよ」

 毎週欠かさずトレーニングをすることで、食事等のストレスを抱えないこともトップジョッキーであり続けるためには重要なのだ。

 体のケアについてはJRAのホームページ内「騎手に迫る」のインタビューで「正直、若い頃はあまりしていませんでした」と話している武豊騎手。本誌連載でおなじみの細江純子氏も次のように話す。

「先日もユタカさんと『昔の自分が今のようなトレーニング方法を取り入れていたら、体の使い方も違ったのに』という話をしたばかり。昔は運動するといっても競馬学校の周りを走るか、背筋を鍛えたりする程度。それが今の競馬学校では、バランスボールに乗ってモンキースタイルを覚えるだけでなく、綱によるトレーニングで体幹を養い、バク転の練習もしています。とても理にかなっていて科学的なんですよ」

 武豊騎手がデビューして今年で36年目。これまで積み重ねた勝ち鞍は4350(5月29日時点)だ。目標とする通算5000勝も、長谷川氏との二人三脚なら、夢ではないかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日