女子アナ

水卜麻美「フリー転身」は消えていなかった!激白「反抗期」が裏付ける局内ストレス

 日本テレビの水卜麻美アナが、6月21日放送のトーク番組「午前0時の森」に出演。アナウンサーとして「反抗期」だった時期の行動を明かした。

 MCのオードリー・若林正恭に「トンガってた時期ってアナウンサーってあるの? 若手の時とか」と聞かれると、「反抗期みたいなものがあった」とした水卜アナ。

 当時について「もう俺、テレビじゃ食べねえ! って思ってた時期もあるし」と言い、「周りの人が『どうせお前、食べてるだけでアナウンサーの仕事なんてできねえ』みたいな声があるのも分かってたし、自分でもそれがコンプレックスで、『もうひと口も食べない!』と思って」などと悩んでいたことを激白。しかし、出演していた「ヒルナンデス!」の食レポで結局は楽しくて食べてしまい、余計に落ち込むこともあったとか。

「そんななか水卜アナは、プライベートで『テレビでできないぶん変化を求める時がある』として、4年ほど前の休みが取れた1週間だけ『金髪』にしてニューヨーク旅行へ行き、違う自分を存分に謳歌したと明かしていました。さらには『スッキリ』の時期は一度だけ、放送時には絶対にカメラには映らない、うなじ辺りの隠れた部分にインナーカラーを入れていた時期もあったと告白していました」(テレビウォッチャー)

 そんな密かな「反抗期」について、いつも「優等生」に見られることへの反発とともに、「私だってここで自己主張してんだぞって心に1個持っておくみたいな感じです」と説明していた水卜アナ。

「水卜アナは『もう反抗期収まったんで』とは言っていたものの、彼女が1週間限定で金髪にしていたのは、正確には2019年の春休みのことで、インスタでもその写真をアップしています。インナーカラーを入れたのはその後と説明していたことからも、『反抗期』はごく最近だったということ。水卜アナにはフリー転身説がたびたび出ていますが、局アナでいる限り、社内で抱えるストレスや世間からの縛られたイメージは今後も強くなるばかり。再び反抗期が訪れそうな気配もあるだけに、日テレ退社の線は完全に消えたわけではないと思われます」(芸能ライター)

 若林も「また(金髪やインナーカラー)やるなあ、近いうちに」と指摘していたが、それでは収まらない時がやって来るかも?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
4
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」