芸能

人気美女アナ“ぷるるん”「豊満バスト番付」2022夏場所(1)日テレ・忽滑谷こころの健康的な美ボディ

 大相撲7月の名古屋場所は2年半ぶりに観客数の上限をなくした「通常開催」で満員御礼が予想される。一方、アサ芸も約2年ぶりに「豊満バスト番付」を発表! 期待の若手8人が新入幕を果たせばベテラン2人が返り咲く。フリー・局アナが入り乱れた水入り無用のぷるるん場所をここに開幕する!

 20年開催の「豊満バストアナ番付」秋場所では、日本テレビ・岩田絵里奈アナ(26)、TBS・田村真子アナ(26)、テレビ東京・田中瞳アナ(25)といったピチピチの若手が前頭に名を連ねた。いずれも今や人気番組を担当する実力派アナだが、今場所では“圏外”に押しやられている。そんな中で、彗星のごとく現れて下剋上を勝ち抜いてきたのが、春から東京アナウンス室に配属されたNHKの森田茉里恵アナだ。

 6月14日放送の「ニュースLIVE! ゆう5時」で国立競技場からの中継レポートを担当すると、挨拶代わりの一手を繰り出した。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏がこう振り返る。

「ルックスが清楚なので大きそうに見えませんが、この日は半袖の紫のトレーニングウェアがピチピチでバストラインが露わになり、ボリューム満点の隠れ巨乳がベールを脱ぎました。それだけでもお宝モノですが、陸上トラックを本気で走る場面では、期待通りに巨乳が上下に大揺れ。夏本番の薄着の季節を迎えるにあたり、注目しておくべき美女アナです」

 白星街道を突っ走ってほしいが、前頭の新入幕対決に待ったをかけるのは、美ボディの成長著しい日テレの忽滑谷こころアナだ。

 芸能評論家の尾谷幸憲氏は、注目株に挙げた理由をこう明かす。

「大学時代はラクロス部に所属し、今もこんがり焼けた肌が特徴の高身長のモデル系美女アナ。テレビの衣装はボディラインがわかりにくいですが、自身のインスタグラムで推定Fカップのバストを強調した私服ショットが見られます。それと、公式プロフィールの趣味にダンス、スキー、サーフィン、ヨガ、一輪車、ボクシングを挙げていますが、これまでAV女優の取材をしてきた経験上、一輪車が得意な方は床上手が多かった。バストだけではなく、下半身も鍛えられている可能性が高い」

 後輩アナに負けじと、今場所の活躍次第で三役挑戦を見据えるのは、同局の河出奈都美アナ。日テレ関係者がこう証言する。

「自分が巨乳であることを自覚していないタイプ。腰元がキュッとくびれている分、タイトな衣装を着るとバストの盛り上がりが余計に目立つんですよ。レギュラー出演する『news every.』でも、ロケでサスペンダー付きの衣装を着た時に、バストラインに沿ってサスペンダーがはち切れんばかりに大きく膨らみ、妙に色っぽかったのを覚えています」

 前頭には、テレビ朝日出身でフリーの宇賀なつみが返り咲き。MCを務める情報番組「土曜はナニする!?」(フジテレビ系)では、胸元がざっくり開いた衣装を着用し、前屈みになるたびに谷間をチラ見せ。視聴者をはたき込む熟練の決まり手が「巨乳番付編成会議」の高い評価に結びついた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴