芸能

国税直撃!1億2000万円「申告漏れ」を嘆いた林家正蔵の巨額ご祝儀/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

「地下のオーディオルームには、手ぬぐいとか扇子なども置いているんですが、それを入れていた中にご祝儀袋を入れていたのを忘れていたので、改めて申告したんです。父の代からお金に関しては細かいことはやっておらず、いくらもらっていくら使うかなどは大まかでいたほうがいいというのがあって…」

 東京国税局から「所得の隠蔽」と認定された落語家の林家正蔵が記者会見を開き、神妙な面持ちで弁明する。2007年4月16日のことだ。

 2005年3月、「林家こぶ平」から、大名跡である「九代目・林家正蔵」を襲名。約70カ所で襲名披露を行ったが、こうした興行などで受け取った祝儀の一部を申告していなかったのだという。

 結果、東京国税局により2200万円の所得隠しを指摘され、3年間の申告漏れは1億2000万。重加算税を含めて、4000万円以上の追徴が課せられることになったのである。

 カラのご祝儀袋は、貴重盤レコードを3万枚保管する自慢のオーディオルームで、段ボール箱に入れられた形で発見されたというが、税理士によれば、

「一般的に、結婚式などのご祝儀は非課税ですが、落語家がもらう祝儀は収入とみなされるため、当然、課税対象となります。報道によれば、正蔵さんの事務所には経理専門の担当者がおらず、夫人が顧問弁護士と相談して処理していた。前年に税務調査を受けた際には、修正申告しています。にもかかわらず、国税に入られたとなると、完全に『狙い撃ち』する重要案件だったということです」

 国税は「自宅のワインセラーに高級ワインのロマネコンティが3000本ある」「毎月の小遣いが300万円」「一人前の鮨は10万円」など、正蔵がテレビ番組で語ったコメントを全てチェック。通っていた飲食店やバー、クラブからもウラ取りした上で捜査に入った可能性が高いという。

「家族と数人のスタッフで大きな襲名披露をやり、てんてこ舞いで忘れていて。お金のことはおおまかで、昔からの体質がいけなかった」

 と語った正蔵。

 この時ばかりは「どうもすみません」では済まなかったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「お酒大好き!」高橋凛に聞いた超絶ボディーを維持する「我慢しないお酒の飲み方」

    Sponsored

    デビュー10年目の節目に7年ぶりの写真集をリリースしたグラビアアイドルの高橋凛さん。職業柄、体型の維持には気を使っているそうですが、「ほぼ毎日嗜む」というお酒好き。それでもスタイルをキープできているのは、先輩から聞いたり自分で編み出した上手…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平「裏の顔は麻薬王」だった!「効き目はヘロインの50倍」でアメリカに仕掛けた「新アヘン戦争」
2
「新将棋会館」クラファンで異彩を放つ「藤井聡太VS永瀬拓矢」シークレット観戦料80万円
3
【サッカー日本代表】森保監督は課題を解消できず!闘莉王がズバリ指摘した「最大の弱点」
4
「驚愕の北朝鮮」裏面史…金正恩一族は「テレポーテーション超能力」で空間を飛び越え瞬間移動した
5
掛布雅之が阪神・佐藤輝明に「5番より3番」昨季は2割5分だった打順を推す3つの理由