社会

東京都「首都直下地震等被害想定」の大ウソを暴く(17)焼死、圧死、放置死、餓死……かくして大量の遺体は「野ざらし」にされる

 85年の日本航空123便墜落事故で「無残な遺体」の捜索や収容に苦闘していた隊員らの昼食に「鶏肉の照り焼き弁当」を配給した日航の「現場責任者」──。

 前回紹介した群馬県上野村の故・黒澤丈夫村長が時に涙を滲ませ、時に声を震わせながら筆者に語った静かな怒り。ほかならぬ現場責任者が、現場のリアルをイメージすることができない意識のズレと想像力の欠如は、今回の新被害想定で「遺体処理問題」に関する記述をわずか1ページで片付けてしまった都の防災会議にもそのまま当てはまる。

 都の元総務局総合防災部幹部も、呆れ顔で次のように指摘するのだ。

「例えば、最大の被害が見込まれている都心南部直下地震が都区部を襲った場合、被災現場では具体的に、どのような地獄絵図が展開されることになるのか。まず欠落しているのがこの点です。真っ先に思い浮かぶのは、木密地域(木造住宅密集地域)における、夥しい数の圧死者や焼死者です。かろうじて圧死を免れた自力脱出困難者からも、延焼による大量の焼死者が出るでしょう。同様に、旧耐震基準の雑居ビルや事務所ビルでも圧死者が続出するほか、生存者も救助の手が差し伸べられないまま、放置死を余儀なくされるのです」

 それだけではない。7月2日配信の当連載でも指摘したように、運よく焼死や圧死や放置死を免れた人々も、その後に襲いかかる食料や水の枯渇によって、次々と行き倒れ(餓死)に追い込まれていくのだ。元総務局総合防災部幹部が続ける。

「その場合のタイムリミットはわずか3日(72時間)です。しかも、現場は自力脱出困難者すら救助できない修羅場と化しますから、震度6強以上の揺れに襲われる、都区部のおよそ6割の地域では、焼死や圧死や放置死や餓死による無数の遺体が、そのままの状態で野ざらしにされることになる。建物の下敷きになりなから焼け死んでいくのも悲惨の極みですが、野ざらしの遺体に囲まれながら息絶えていくのもまた、地獄でしょう」

 現実に起こり得る事態への、想像力を欠いた被害想定がいかに空疎なものか。防災会議の面々は鶏肉の照り焼き弁当でも食しながら猛省すべきである。

(森省歩)

ジャーナリスト、ノンフィクション作家。1961年、北海道生まれ。慶應義塾大学文学部卒。出版社勤務後、1992年に独立。月刊誌や週刊誌を中心に政治、経済、社会など幅広いテーマで記事を発表しているが、2012年の大腸ガン手術後は、医療記事も精力的に手がけている。著書は「田中角栄に消えた闇ガネ」(講談社)、「鳩山由紀夫と鳩山家四代」(中公新書ラクレ)、「ドキュメント自殺」(KKベストセラーズ)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」