スポーツ

白鵬「絶好調10連勝」で迎えた稀勢の里「因縁の相手との大一番」の行方

 7月17日、七月名古屋場所の中日に珍事件が勃発した。

 ひとり横綱・照ノ富士に挑んだのは東前頭4枚目 若元春。横綱には初挑戦だったが、5日目に大関初挑戦で正代を破り、調子を上げていた。

 この日も先手先手で攻める若元春に対し、しのぐ照ノ富士という状況だった。

 2分を超える攻防の末、若元春が渾身の寄りで金星成る! と、思われたが、ここでもの言い。

 直前に立行司が、若元春のまわしが緩んでいたと「まわし待った」をかけていたのだ。

「まわし待った」に反応した照ノ富士は力を抜いたが、若元春は気づかずに攻め込んだという顛末。だが、そこからが長かった。

 結局、約3分に及んだ協議の末、佐渡ケ嶽審判長が下した判断は「まわし待った」がかけられた体勢からの取り直し。

 この時間の巻き戻しに、また時間がかかった。おそらくはモニター室からのこと細かな指示が審判長に送られ、幾度も修正され、若元春の足の位置を立行司が変え…。ようやく勝負が再開されたが、若元春は体力・気力の限界だったのか、直後の照ノ富士の下手投げに屈することになった。

 金星を逃した若元春だが、十分の手ごたえを得たようで、今後の活躍が期待される。

 そして場所は中日を過ぎ、2敗で7人が並ぶという大混戦。抜け出すのはいったい誰なのか注目されるのだが、そんな中、発売中の「週刊アサヒ芸能」(7月28日号)で連載されている、元横綱・白鵬の自伝マンガ「白鵬本紀」では、2010年12月27日、白鵬の育ての親 ・熊ヶ谷親方が師匠に復帰して宮城野親方を再襲名することになった。そして迎えた2011年一月初場所。白鵬はがぜん気合が入る。

「今場所優勝すれば、父 ムンフバトがモンゴル相撲で達成した5連覇を超え、角界の親父さんである大鵬の6連覇に並ぶ」

 何より「師匠に賜杯を抱いてほしい」と誓う白鵬なのであった。だが、初日から絶好調の10連勝で迎えた相手は、またしても因縁の稀勢の里で…。

 勝負の行方は「週刊アサヒ芸能」で─。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
2
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽