芸能

お題をすぐに理解できない林家木久扇…「笑点」メンバーに押し寄せる高齢化の荒波

「昇太、首洗って待ってろよ」

 7月17日放送の演芸バラエティー「笑点」(日本テレビ系)に、脳梗塞からの回復に向けてリハビリ中の三遊亭円楽の映像が流され、円楽はカタい表情でこう言い放った。

「笑点メンバーの中じゃ、俺がいちばんうまいから。納得してお客さん帰しますよ」

 などとも語り、変わらない毒舌ぶりにファンは沸いたが、闘病の過酷さがうかがえる風貌の変わりようは隠せなかった。演芸ライターが言う。

「カタい表情に見えたのは、麻痺があるからではないでしょうか。復帰を応援する気持ちは誰しもが持っているでしょうが、脳の病気からの復帰はそれほど簡単ではありません。落語はしゃべりだけではなく、表情、声音、間、動きなどで表現するものなのに、そのどれもが思い通りにならなくなるのですから…。しかも、客を笑わせなければならない。『大丈夫か』と気遣わせるようでは、本人が納得できないでしょう。納得できるしゃべりができるまでには、何年もかかる。円楽自身が気持ちを切り替えることも、大事ではないでしょうか」

 加えて「84歳の林家木久扇も厳しい」という声が上がっている。お題をすぐに理解できなかったり、どこが面白いのかわからない答えを連発したりして、視聴者をハラハラさせているからで、

「老いたからといって追い出すべきではなく、それも芸のうちと見守る温かさがあってもいい。ただ、落語界には頑張っている若手や、人気・実力・知名度を兼ね備えたベテランもたくさんいる。その人たちが日の目を見ないのは残念ですよ。やはり『笑点』のメンバーになると知名度は爆上がりするのですから、もっと頻繁にメンバーを入れ替えて活性化を図る方が、業界全体としても好ましいのではないですか」(前出・演芸ライター)

 高齢化の波は、「笑点」メンバーにも容赦なく襲いかかっている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング