社会

局長会議も進展なし…慰安婦問題で埋まらない日韓の深い溝(2)韓国にとって特別な存在の人物とは?

 79年に取材で初訪韓した若宮氏と韓国との深く強いつながりは、単にハングルの読み書きができるというだけではない。

 慰安婦問題は河野談話以降、沈静化していたが、11年、韓国の司法裁判所がこのような判決を下し、急展開するのだ。

「韓国政府は元従軍慰安婦への損害賠償を日本政府に認めるように交渉しないのは違憲だ」

 翌12年、若宮氏は、朝日新聞のコラムで野田佳彦総理(当時)に向け慰安婦問題の対策をこう提言した。

〈何より必要なのは届いていない「首相のおわび」を彼女らに伝えることだ〉

 続いて彼は、韓国の東亜日報に、ハングルでこんなコラムを執筆したのだ。

〈[若宮の東京小考]おばあちゃんたちに伝えたい首相の謝意〉

 日韓両方で日本の「土下座」ムードをたきつける一方、「韓国と語る」では無自覚に現在の日韓関係を憂いてみせる若宮氏。国際問題アナリストの藤井厳喜氏は、こう断罪する。

「慰安婦の人権が大事なら、どうして日本人慰安婦のことに触れないのでしょうか。人権問題は普遍的な問題で、国で差別をしてはいけないでしょう。そういうことが視野に入ってこないというのは、本当のリベラルや左翼ではありません。進歩的文化人と呼ばれた層の最後の化石のような人間という印象を持っています」

 また、「新しい歴史教科書をつくる会」で事務局長を務めた、札幌国際大学の大月隆寛氏は、こう切り捨てるのだ。

「マスコミやジャーナリズム、大学など、社会の『良識的』とされてきた領域にだけ棲息してきた人物でしょう。『戦後』的価値観の最大公約数を煮詰めて標本にしたような、クローンみたいなものかと思います」

 発言するたびに日本で物議を醸す若宮氏だが、韓国では大モテだ。中央日報に登場すれば、このように大ヨイショされる。

〈日本社会における重量感だけでも尋常ではないが、韓国人にとってはさらに特別な存在だ〉

 朴槿恵大統領(62)就任時には、かねてからの知り合いということで面会を許されている。

 韓国に実効支配されている竹島について、若宮氏は05年にこんなコラムを朝日新聞で執筆している。

〈いっそのこと島を譲ってしまったら、と夢想する。見返りに韓国はこの英断をたたえ、島を「友情島」と呼ぶ。(略)「国賊」批判が目に浮かぶが、いくら威勢がよくても戦争できるわけでなく、島を取り返せる見込みはない。もともと漁業のほかに価値が乏しい無人島だ〉

 この程度の認識が朝日新聞の主筆なのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
4
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!