社会

局長会議も進展なし…慰安婦問題で埋まらない日韓の深い溝(3)朝日新聞の連載で新たな火種も?

 65年の日韓基本条約で、慰安婦を含む請求権の問題は「完全かつ最終的に解決」された。12年の「土下座」提案だが、わびと賠償がセットになっていること、条約締結をした日本にとってそれは不可能だということが若宮氏にわからないはずがない。竹島問題も含めた発言を藤井氏が非難する。

「絶対実現できない、『夢想』話をして、日本人を幻惑しているだけでしょう。慰安婦問題でも、竹島でも、若宮氏の言うことはできっこないんですよ。できないとわかっていることを主張するのは偽善ですよ。反日ができれば何でもいいんです。そういう意味で朝日というのは、一種の反日宗教、反日カルトなんですよ」

 東大法学部から朝日新聞に入社した若宮氏。その父も朝日新聞記者から首相秘書官に転じるなど、幼い頃から不自由のない暮らし向きがうかがえる。同社の年収も高額で、若宮氏はエリート人生を歩んできた。大月氏がこう評する。

「普通、人生のどこかで現実と内面に抱えたものとの、折り合いをつけざるをえなくなります。それが年を取ることの必然でもあるはずなんです。それを怠ったまさに老害です。こういう人の生活環境は空中楼閣みたいなもので、そのまんま現実に痛い目を見ずにすまされてきたんでしょう」

 朝日新聞の慰安婦問題は吉田清治氏という元軍人で作家の証言を基にしている。吉田氏は96年、週刊新潮でみずからのウソをこう明かしている。

「本に真実を書いても何の利益もない。関係者に迷惑をかけてはまずいから、カムフラージュした部分もある。事実を隠し、自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやることじゃありませんか」

 一方の若宮氏は、13年、「新聞記者」(ちくまプリマー新書)の中で慰安婦問題についてこう書いている。

〈朝日新聞もこれ(慰安婦問題)を熱心に報じた時期があった。中には力ずくの『慰安婦狩り』を実際に行ったという日本の元軍人の話を信じて、確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった〉

「元軍人」が吉田清治氏を指していることは明らかだ。

 すでに国際問題にまで発展した慰安婦問題。それを起こした大罪を「勇み足」で片づけるのは、あまりにも無自覚ではないか──。藤井氏はこう憤る。

「『勇み足』さえウソで、意図的な捏造です。何か言うなら、まず謝罪と訂正からでしょう。それでなければ、言論人として話す資格はない。悪くなる原因を作った“戦犯”の意見なんて、空疎に聞こえて当たり前だよ!」

 国交正常化50周年を前にした若宮氏の連載で、日韓関係に新たな火種が生まれる可能性は高い。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
3
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
4
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗
5
共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?