スポーツ

平成の盾男「武豊と天皇賞」(3)ディープインパクトより強い馬はいない

20140508_15j

 97年秋の天皇賞をエアグルーヴで制した武が、92年のマックイーン以来となる春の盾制覇を果たしたのは、99年のことだった。

 パートナーは、前年ダービー初勝利をプレゼントしてくれたスペシャルウィークだった。

 目的は忘れてしまったが、その春天の少しあと、彼の自宅を訪ねた。ちょうど、弟の幸四郎や、当時騎手だった石橋守、千田輝彦らも来ており、庭でバーベキューパーティをした。トングで肉を裏返しながら、

「これで2年連続、前の年に有馬記念を使わなかった馬が春天を勝ちましたね」

 と武が言った。前年、98年の勝ち馬メジロブライトも、スペシャルウィーク同様、有馬記念をスキップするローテーションだった。

 さらに彼は続けた。

「もうひとつ、知ってました? 前年のダービー馬が春天を勝つと、阪神が優勝するんですよ」

 その年、彼がずっと応援している阪神タイガースは野村克也新監督のもと、6月には一時首位に立つほどの勢いを見せていた。前年のダービーを含む三冠を制したシンボリルドルフが春天を勝った85年、阪神は日本一になった。それ以来の虎フィーバー到来かと思われたが、結局、最下位に終わった。彼がつなごうとした春天と阪神優勝のリンクは途切れてしまった。

 同年秋の天皇賞をスペシャルで制した彼の、次の春の盾戴冠は、06年、ディープインパクトとのコンビによるものだった。

 3コーナーから動いて前をひとマクりにし、さらに直線「飛んで」、2着を3馬身半突き放して圧勝。従来のレコードを1秒も短縮する3分13秒4という驚異的なタイムを叩き出した。「世界にこれ以上強い馬がいるのかなと、正直、思いますね」

 そう話した武は、以来、春の盾は8年、秋の盾は6年、手にしていない。

◆作家 島田明宏

◆アサヒ芸能4/28発売(5/8・15合併号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
2
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?