スポーツ

2年連続V逸で過去の栄光を語る巨人・原監督に「坂本起用の釈明をしろ」ファン反発

「現状、ジャイアンツは日本一になる可能性はある…チャンスはある! しかし、セントラルリーグにおいては、かなりヒドい位置になってしまう可能性もあるっていうね…」

 これはDeNA戦に敗れ、巨人の2年連続V逸が決まった9月18日、岡崎郁氏のYouTubeチャンネル〈アスリートアカデミア【岡崎郁 公式チャンネル】〉に出演した巨人・原辰徳監督の弁である。

 確かに原監督の言うように、3位に食い込んでCSを勝ち抜き、日本シリーズに進出する可能性もあれば、47年ぶりの最下位に転落する危機もはらんでいる。

 と、ここで原監督はなぜか、過去の栄光を回顧する。

「ぶっちぎりにセントラルリーグでペナントレースを勝ったこともありますし」

 近年では19年に2位DeNAに5.5ゲーム差、20年には2位・阪神に7.5ゲーム差をつけて、リーグ制覇している。

「なんでクライマックス(CS)なんかやるんだろうね、とか、そういうことがあって、『ゲーム差がこれだけ離れてるのに』みたいなね。今回は逆の立場になりつつ戦ってるという点においては、もうルールに対してね、非常にありがたく受けながら戦っていくってことですよね」

 CSでは巨人も勝者の立場で2位、3位チームの挑戦を受けた経緯がある。今年はV逸しても、3位に滑り込みさえすれば…という悲壮な決意が伝わってくるのだが、

「この時期にせっかく出演したのであれば、もう少し実りのある戦術や、監督としての決意、覚悟を聞きたかった、という声が多数ありました。女性に対する中絶強要で騒がれている坂本勇人について、何の釈明もないまま起用を続けていることにも、風当たりは大きいですね」(球界関係者)

 巨人ファンのストレスは溜まるばかり──。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【破滅】「プリゴジンは生きている!」衝撃情報が暗示するプーチンの最期~プリゴジン暗殺の真相と大波紋(5)
2
続投意欲マンマン!巨人・原辰徳監督の「身代わり辞任要員」第一候補のコーチは…
3
45周年お騒がせサザン「神宮外苑再開発批判」にテレビ難色と桑田佳祐のスポンサーは「あの損保」
4
楽天・石井一久監督、地元企業ソッポで選手の契約満足度は「最下位」の「辞任フラグ」
5
フリーでも「テレビCM6本」賀来賢人と性加害事務所にしがみつく櫻井翔の「落差と矛盾」