政治

電撃「国葬解散説」も浮上!高まる「解散圧力」で顕現化した岸田政権「終わりの始まり」

 岸田内閣の支持率が、下落の一途を辿っている。

 ケチのつき始めは、安倍晋三元総理の銃撃殺害事件後、自民党を襲った旧統一教会(世界平和統一家庭連合)問題だった。

 その後、岸田文雄総理は旧統一教会との関係払拭をアピールすべく、大幅な内閣改造に打って出たが、新内閣の支持率はまさかの大急落。これに追い討ちをかけたのが安倍元総理の国葬儀で、ゴリ押し開催へと突き進む岸田総理への国民的批判が高まる中、ついに内閣支持率は、不支持率が支持率を上回るという危険水域に突入してしまった。

 そんな中、自民党内では早くも「岸田降ろし」を想定した「解散圧力」が日増しに高まりつつあるというのだ。岸田総理に近い岸田派幹部は、

「最短のケースとして囁かれているのが、9月27日に執り行われる国葬儀の直後に電撃解散に打って出る『国葬解散』。幸いにも、野党勢力は分裂含みで弱体化している。旧統一教会と絶縁できない議員には、自民党の公認を与えない──。国葬解散説の背景には、岸田総理がこう宣言した上での電撃解散なら、議席数は減らしても政権を奪われることはない、との読みがある。さらに言えば、このタイミングを逃せば、来年5月に岸田総理のお膝元で行われるG7広島サミット後の『サミット花道解散』を待たずに、岸田政権はいずれかの時点で『追い込まれ解散』を余儀なくされる、という危機感も横たわっている」

 こう指摘した上で、次のように内情を明かすのだ。

「だが、国葬解散も含めて、岸田総理自身が『解散』の2文字を口にした事実はない。ならば、一連の解散説の出所はどこか。実は岸田総理は『解散説は菅(義偉)前総理や二階(俊博)元幹事長あたりから出ているのではないか』とニラんでいる。要するに、岸田政権の『終わりの始まり』を見据えた『ポスト岸田レース』で、菅前総理や二階元幹事長らが存在感を示して主導権を握ろうと画策しているのではないか、との見立てだ。ただし、岸田総理に何か妙策があるわけでもない。実際、住民税非課税世帯への5万円給付策も、内閣支持率の上昇には全くつながらず、岸田総理は官邸で頭を抱えている」

 いずれにせよ、大義なき解散に付き合わされる国民は、たまったものではない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し