芸能

歴代人気美女アナ「成り上がり」ランキング〈「玉の輿婚」成就〉“栗山英樹に捨てられイチロー奪取”福島弓子の幸運

 なにも、実際に昇進や大ブレイクを果たさずとも、世間から見れば大出世と思われることがある。結婚によって大きくステータスを上げたケースを紹介しよう。

 日米通算4367安打、メジャーで歴代最多の年間262安打など輝かしい記録を残した世界のイチローを夫に持つのは、元TBSの福島弓子(56)だ。8歳年上の妻は不規則な食事時間に対応し、徹底した栄養管理で献身的にイチローを支えてきたとされる。先の張本氏が言う。

「イチローとの交際前は栗山英樹氏とのロマンスがありました。栗山氏は交際していた福島に『99%は君のことが好きだけど、残りの1%で伊達公子さんのことが気になってしまうから』と謎の理由を告げて一方的に捨てたと言われる。福島はそのあとにイチローをつかまえた。よく捨ててくれましたって感謝してるんじゃないですか」

 福島同様に元メジャーリーガーの年上妻といえば、交際時の西武広報による“身代わり出頭騒動”がありながら、松坂大輔が愛を貫いた元日テレ・柴田倫世(47)も同様である。

 初渡米に関しても、柴田の意向が存分に考慮されたとも言われる。

「吸血鬼と言われた米国代理人も、妻を攻略して契約を勝ち取ったそうです。柴田の希望が学術都市のボストンで、レッドソックスに決まったとも。松坂が日本復帰する際、より高年俸のソフトバンクを選択させたのも妻の思惑だと言いますし、高額な教育費のために松坂は単身赴任で現役生活を長く続けたとされる。引退後、妻の古巣である日テレとは契約しなかったのも、柴田の意向と聞きました」(球界関係者)

 松坂は、とにかく柴田の顔がタイプだったというあたり、美人アナの強みと言えよう。

 他に、局の現役のまま玉の輿に乗ったケースもある。報道局所属のキャスターとなったテレビ東京・大江麻理子(43)だ。

「バラエティーだけではなく、経済情報番組もソツなくこなしてアナウンス室主任になった他、ニューヨーク赴任を経て報道局勤務となり、『WBS』のメインに抜擢され、順調な出世コースを歩んでいる。プライベートでもマネックス証券の松本大さんと結婚し、本当に玉の輿に乗ったと言えるのは福島と彼女だけだと思います」(丸山氏)

 ともにNHKで看板スポーツキャスターとして活躍し、海外在住のセレブ妻となったのは、青山祐子(49)と久保純子(50)である。

「香港でタワマン暮らしする青山は、インターナショナルスクールに通う4人の子供たちが皆、英語ペラペラ。前々から、日本の福岡に英語や起業家精神を学ぶ学校を設立するという壮大な野望まで明かしている。ニューヨーク在住の久保は14年に、異年齢のクラス編成で子供に自発的な成長を促す、モンテッソーリ教育の国際資格を取得したほど教育熱心。いずれは『日本に自身のモンテッソーリ園を作りたい』と話すほど本腰を入れている。現在は現地で幼稚園の先生にまでなってしまった。2人とも優雅なセレブ感満載です」(芸能記者)

 ところで、すでに玉の輿婚から降りてしまった元女子アナにもまだまだ優雅な感じは漂う。元貴乃花夫人・河野景子(57)のことだが‥‥。

「貴乃花部屋のおかみさん時代の2000年に『ピンチも料理で救われます。』という料理本を出版しました。結局、料理では夫婦仲のピンチは救われなかったんですよね。しかも昨年、元貴源治がおかみさんの彼女から渡されていた部屋のちゃんこ代が3日間で5000円程度の超シブチンだったことを暴露している。弟子は20人近くいたので、1人あたり約250円。料理もへったくれもなかったと思われます」(張本氏)

 とはいえ、その後に映画監督で実業家の男性との結婚を前提とした交際が発覚している。

 高みに上り詰めても、その維持には相当の苦労が伴うものなのか。美女アナたちの出世争いは永遠に続く‥‥。

■玉の輿婚ランキング

1位:福島弓子(元TBS)夫はイチロー。米在住。昨年、米デジタルラジオ局が発表した純資産は約192億円と言われる。本人も実業家として活動

2位:柴田倫世(元日本テレビ)松坂大輔の妻。米在住。教育水準の高いボストンで子供たちに英才教育を施すため、夫が日本復帰しても単身赴任だった

3位:青山祐子(元NHK)実業家で投資家の夫が事業を展開する香港に在住。海を見渡すタワマンで4人の子供を育て、住み込みヘルパー付き

4位:大江麻理子(テレビ東京)14年結婚の夫はマネックスグループ株式会社取締役会長CEO。局最大の看板番組で単独メインキャスターも務める

5位:有村かおり(元TBS)01年に外交官と結婚し、05年には作家デビュー。夫の赴任に伴い、イスラエルやポーランドなど世界各国を渡り歩く

6位:内田恭子(元フジテレビ)06年に浜田雅功のマネージャーと結婚。当時は「格差婚」と言われたが、その後に夫が大出世して吉本興業の取締役に

7位:河野景子(元フジテレビ)95年に貴乃花とデキ婚し、18年まで部屋の女将を務め上げた。離婚後は「ことばのアカデミー」を開校して校長に

8位:中井美穂(元フジテレビ)古田敦也と結婚して27年。悠々自適のはずだが、TBS系「世界陸上」のキャスターを今年の大会まで25年間務めた

9位:久保純子(元NHK)広告代理店に勤める夫の転勤により、16年から米在住。モンテッソーリ教育の国際資格を取得し幼稚園の先生にも

10位:久慈暁子(元フジテレビ)鳴り物入りでフジ入社も、エースの座を掴めないまま退社。ところが、NBAで活躍する渡邊雄太と結婚する大逆転劇

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」