社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<前立腺ガン>発症リスクを低める注目の食品とは?

 近年、患者数が増加傾向にある「前立腺ガン」。厚労省と国立がん研究センターが2022年に公表した「2019年の全国がん登録 罹患数・率 報告」によると、「前立腺ガン」は9万4748人と、男性の部位別ガン罹患数のトップに君臨しているのだ。

「前立腺ガン」の発症リスクを減らすことができるかもしれないと注目が高まっているのが「エクオール」だ。これは、腸内細菌「エクオール産生菌」によって大豆のイソフラボンから生成される成分である。

 国立がん研究センター疫学研究では、血中エクオールが高いグループは、エクオールが検出できなかったグループに比べて、前立腺ガン患者の割合が低いことがわかった。この研究結果から、前立腺ガンに対するエクオールの有用性に期待が高まっているのだ。

 厄介なのは、エクオールは誰でも体内で作り出せるわけではない点にある。腸内に「エクオール産生菌」を持つ人は、大豆を食べるとその中のイソフラボンがエクオールとなり体に吸収されるのだ。

 しかし、日本人では、およそ半数しか大豆を摂取しても体内でエクオールを作り出すことができないと言われている。

 自分がエクオールを作れるかどうかについては、病院に行かなくても検査キットで判別できる。自宅で採尿し、郵送するだけなので手間もそれほどかからない。検査キットは、ネットや医療機関でも購入可能だ。

 もし自分が体内でエクオールを作り出せない体質であれば、市販の「エクオールサプリメント」を摂取することで対応できる。

 さらに、エクオールは前立腺ガンのリスク低減だけではなく、男性の更年期障害「LOH症候群」などの改善にも効果があるといわれている。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の元4番打者が驚愕!元バレボール日本代表・益子直美の背筋力は「200キロ」だった
2
「宮田さんはタバコ臭い」体操女子・宮田笙子〝ヘビースモーカー〟証言がもう止まらない
3
相撲史に残るアイコンタクト!横綱・照ノ富士の全勝街道を支える「名勝負」にファンが涙
4
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
5
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体