芸能

三遊亭円楽の死去で「笑点」打ち切り!?「代役の若手メンバーで盛り上げ」こそが供養になる

 最後まで復帰への意欲をみせていたが、ついに帰らぬ人となってしまった六代目三遊亭円楽さん(享年72)。肺がんや脳腫瘍と闘い、この1月には脳梗塞を発症。治療・リハビリのため、レギュラー出演していた演芸バラエティー番組「笑点」(日本テレビ)をはじめ、活動を休んでいた。高座へは8月に復帰をしたものの、間もなく肺炎を起こして入院。肺炎は軽快したが、肺がん治療を再開したところ、その矢先の9月30日に亡くなってしまったという。

「笑点」メンバーの三遊亭好楽は円楽の自宅へ弔問に訪れ、弟子の伊集院光や立川志らく、「笑点」メンバーの林家たい平らは追悼コメントを発表。人気・実力ともに高かった円楽さんだけに、落語ファンも大きなショックを受けている。演芸関係者は、

「高座へ足を運ぶほどではなくても、『笑点』を毎週、楽しんで見ているファンは多い。円楽さんが亡くなったことで、『笑点』の打ち切りを心配する声が出ています。円楽さんの代役を桂文珍や春風亭小朝、立川志らくらが務めてきましたが、このところ視聴率は芳しくなく、円楽さんが抜けてしまった穴は大きい、と制作陣は実感していますから…」

 もはや「笑点」ぐらいしかテレビを見る楽しみがない、という高齢者もいる。「笑点」打ち切りは酷だ。落語家にとっても、「笑点」出演には大きなメリットがある。特に円楽さんに代わって「笑点」に出演した若手にとっては知名度アップになり、いい経験にもなっただろう。演芸ライターが先の展望を語る。

「視聴者の年齢層を考えると、もともと知名度の高い、見慣れた落語家の方が視聴率アップにつながりやすいでしょう。でも、それではいつまでたっても、新しい人が世に出ていきにくい。桂宮治がレギュラーになったことで広く人気を獲得し、『笑点』の雰囲気を明るくしたように、新しい風を吹かせてくれる人に期待したいですね。長い目で見れば、その方がいい。先日、代役を務めた春風亭一之輔なんて、面白いし顔もいいし、宮治より1歳若いし、いいんじゃないかと思いますね」

 新メンバーによる「笑点」でこれまで以上に面白くすることこそが、円楽さんの供養にもなるはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
4
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
5
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画