社会

直撃レポート!ピンク色の照明の置屋から女の子が…沖縄「コザ吉原ちょんの間街」が劇的復活していた

 かつて沖縄県には、2大赤線地帯があった。宜野湾市の真栄原社交街(通称:新町)と、沖縄市の美里地区の吉原社交街(通称:コザ吉原)である。いずれも米兵相手の売淫街として始まり、やがて日本人観光客向けの歓楽街として全国的に有名になった。

 しかし09年頃に始まった、沖縄県警と地元市民による「浄化活動」により、真栄原社交街は壊滅状態に陥った。12年には、吉原社交街も壊滅に追い込まれた。あれから10年、沖縄のちょんの間街はどうなったのか。地元関係者が証言する。

「真栄原社交街は壊滅後、メンズエステをオープンさせるなど再興を図るものの、近隣住民からのたび重なる苦情によって摘発されてきました。廃墟となった置屋の借り手はなかなかつかず、建物の老朽化が問題視されるように。4~5年前から旧置屋を取り壊してアパートが建設されるなど、住宅地になった店舗もあります」

 かつての社交街の面影はなく、すっかりなりを潜めていた。その一方で、密かに営業を続けている置屋もあるという。地元関係者が続けて明かすには、

「モノレール安里駅前にある栄町社交街です。地元の人以外にはあまり知られておらず、早い時間に若い女の子が出勤すると、常連客ですぐ埋まってしまいます。夜にいるのはオバー(お婆さん)ばかり。自ら手招きして客引きしている。2つの社交街が摘発された時、栄町だけは警察の目を逃れたんです。今も公にせずに、営業を続けていますが…」

 そんな中、沖縄市の吉原社交街が再開した、との噂を聞き、現地へと赴いてみた。吉原社交街は、コザの中心地からタクシーで10分ほどの場所にある。

 昼間はひっそりと静まり返っているが、夜9時を過ぎると置屋のドアから女の子が顔を出していたり、窓越しにピンク色の照明がうっすらと灯っているのが見える(写真は、復活した吉原社交街)。その灯りを求めるかのように、社交街内の狭い通りに、何台かの車が往来していた。ナンバーを見る限り、地元客のようだ。

「週末には15店舗ほどの置屋が営業しています。堂々と営業できないので、市も暗黙の了解ですね。浄化作戦で社交街一帯が摘発された後、沖縄中部の性犯罪事件は急増しました。この一帯を住宅街に再開発しようという話も出ていたのですが、遊郭があった場所に住みたくないという地元民の声が相次ぎ、うまくいかなかった。14年に今の沖縄市長に変わってからは風俗店の規制が緩くなり、2~3年前から復活したようです」(コザ吉原周辺のスナックのママ)

 古くからある沖縄文化を完全に消すことは難しいようだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人