社会

譲渡会でもらってきた保護ねこが忽然と…/二度連れ戻された「脱走ねこ」の物語(1)

「いない?」

「やっぱり、いない」

 僕と連れ合いのゆっちゃんは、途方にくれた表情で顔を見合わせた。いつかこんなことが…。そう思いながらかわいがっていた猫だったが、現実になった瞬間だった。

 クールボーイ。体のほとんどは白い毛に覆われているが、顔の左の耳の部分が三毛で、お腹の心臓がある辺りの両方に、淡い黒っぽい丸い模様がある。ゆっちゃんが「フランス語で、心臓はクール。男の子だから、クールボーイがいい」と言うので、この名前になった。

 そのクールボーイがどうやら脱走したらしい。この時点ではまだ、らしいというしかなかった。家の中から忽然といなくなった、もしくは消えたのだから。

「本棚の奥や、よく人が来ると隠れるところにも、ママ(ゆっちゃんの母)が使っていた和室の箪笥の奥、押入にも、どこにもいない」

 家の中はくまなく探し回った。焦りながら。

 どこの家の猫も、小さな隙間や物陰にマイワールドを作って、人の目から逃れる。人見知りのクールはしょっちゅういなくなった。人が近づくと逃げてしまうのだ。懐かず、いつのまにか消えてしまう、いわゆる幻の猫。

 しかし、この時ばかりは気配が違った。2人とも、いつもと空気が違うことを、なぜか察知できた。いないという確信のようなもの、だった。

 クールボーイは知人のMさんを介してもらってきた、保護猫だった。保護猫団体のお手伝いをしているMさんから「もう一匹、どう?」という悪魔の囁きがあったのは、3年ほど前だった。

「いやぁ、2匹で手いっぱい」

「多頭飼いは楽しいし、多頭飼いする人は2匹よりも3匹の方がいいって言うわよ」

 我が家の猫は、最初がゆっちゃんが道で出会って連れてきて、そのまま居ついてしまったジュテと、Mさんが「いい猫(こ)がいるわよ」と連れてきてくれた保護猫のガトーの2匹。

 迷った末、しばらくしてMさんに誘われ、保護猫の団体を運営し、譲渡会を定期的に開催しているNさんの保護猫施設に2人で出かけてみた。子猫たちはガラス張りの部屋でじゃれ合ったり、仲間から離れて丸くなって寝ていたり。その姿はどれもかわいらしく、見るからに子猫という愛らしいタイプから、ちょっとブチャな愛嬌があるタイプもいて、目移りするばかりだった。

 その時、「この猫だけはなぜか寄りつかない」とNさん。その猫が天井近くの渡し板の奥の方に潜んでいて、ジッとこちらを見ていた。「そことここにも白い猫がいるでしょ。3きょうだいで3匹一緒に保護したんだけど」ともNさんは言う。

 この猫だけはダメだろうな、と思った。3きょうだいなら、それ以外の2匹だ。

 ところがゆっちゃんは、奥にいる猫を指さしたのだった。

「あの猫は顔の模様が変わっている。絵に描いたらとてもいい感じ」

 絵描きのゆっちゃんは物事の判断を、そういう視点で考える。ジュテもガトーも、絵の中に登場する。それが意外と評判がよく、猫好きの人が目を細めて見ていたりする。

 いいも悪いもなく、その場でその白猫を連れ帰ることになった。ガトーに続いてNさんから譲り受けた2匹目である。

 保護猫を飼う場合、一定のお試し期間があり、その間、問題がなければそのまま飼うことができる。我が家の場合、問題は先住猫のジュテ、ガトーと折り合いがいいかだが、ガトーもかわいがって育てているから、Nさんは安心して譲ってくれた。

 ただし、保護猫を飼う人は、気を付けなければならないことがある。途中で放棄しない、虐待しないのは当然だが、最もありがちな脱走を避けなければならない。どんなにかわいがっても、野生の記憶の中で生きる猫は自由に歩き、走り回りたいという願望を抑えることができない。だが、命を長らえるために、事故などから守ってあげなければいけない。そのためには猫にとって少々不自由でも、脱走はなんとしても防がなければならないのだ。

 ただ、そうわかってはいても抜け穴、落とし穴が…。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
キャンプ激震!西武ライオンズに再燃する「身売り話」の深刻事情
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
これはいったい何が…深田恭子「激変した姿」の衝撃度
4
深田恭子「貴重な最新ショット」に「安堵」の一方で「気遣い」の声が出たワケ
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」