スポーツ

掛布雅之 阪神・新井良太が実践する「脱力スイング」(1)

 プロ野球は5月20日から交流戦が始まり、ペナントレースも一区切りとなりました。阪神は広島、巨人と上位争いを続けていますが、ここまでの戦いを支えたのは、何といっても打線の頑張りです。

 つながりのよさを象徴するシーンが、4月29日の広島戦(甲子園)の2回に一挙7点を奪った集中打でした。マートンの左前打から始まる計6安打1四球の打者10人の猛攻で、とどめは4番・ゴメスの豪快な左越え3ランでした。各打者が自分で決めようとするのではなく、後ろの打者に回す意識が強いので、不利なカウントでも粘って、安打や四球でつなげることができたのです。

 中でも目を引いたのは、無死一塁の新井良太の打撃です。1ストライクから野村のスローカーブを左前にはじき返しました。狙い球ではない球でしたが、高めに浮いてきたところを目で判断、頭で考える前に自然とスイングできたのです。

 相手の野村とは4月15日にも対戦し(マツダ)、5回5失点と打ち崩しました。そのリベンジとして、野村は前回の登板ではあまり投げなかったスローカーブを初回から多投し、緩急で活路を見いだそうとしました。その勝負球をいとも簡単に良太に捉えられ、一気に崩れてしまったのです。

 スローカーブを自然と打ち返すのは、簡単なことではありません。特に早いカウントでは打者心理として「打ち損じたら、もったいない」と思うのです。技術的にも構えた時にトップで力が入っていては、反応できない球。ムダな力を抜いて、リラックスした状態のトップを作れていたからこそ、良太はしとめられたのです。

 この「脱力」は、打撃の重要なポイント。良太にも秋季キャンプで「力を抜いてバランスよく振ること」をアドバイスしましたが、ある程度、実践できるようになりました。投手というのは、常に打者のタイミングをズラそうとしてきます。トップで力を抜くことができなければ、勝負の主導権を握る投手に対して、柔軟に対応することができないのです。

 さらに、力を抜けばヘッドスピードそのものも速くなります。スイング中に腕の筋肉が固まれば、バットのヘッドは走りません。上体の関節を柔らかく使い、バットと腕が一体化してムチのように使えるのが理想です。

 難しいのは、力を抜くことと軽く振ることは違う、ということです。150キロのストレートを軽く振っていては前に飛ばせません。特にホームランを打とうと思えば、ゴルフで言うところの「マン振り」が必要です。プロゴルファーが軽く振っているように見えても飛ぶのは、力の入れ所をわかっているからです。大事なのは土台となる下半身が安定していること。腕よりもパワーのある足の力を使って、軸回転で打っているからこそ、上体の力が抜けているように見えるのです。野球のスイングも同様に、下半身の力を最大限に使って、インパクトの一瞬にだけパワーを伝えられればいいのです。

(数字は全て5月14日現在)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント