スポーツ

浅田真央 1年間休養宣言でこのまま電撃婚?

20140605y

 1度はソチ五輪後の引退を宣言していた浅田真央(23)が5月19日、「1年間の休養」を正式発表した。その裏には、悲願の五輪金メダルよりも優先させたいプライベート事情があった。

「体も気持ちも少しお休みする形で決めました」

 ソチ五輪後の去就が注目されていた浅田が、ひとまずの結論を出した。スポーツ紙デスクが解説する。

「これまで浅田は『ハーフハーフ』と言い続けていたが、周囲は『1年間の休養』で一致していた。過去を見ても、柔道の谷亮子やハンマー投げの室伏広治、水泳の北島康介ら多くのアスリートは長期休養を取りながら、再び五輪だけに照準を合わせて復帰している。亡くなった母親の匡子さんも、以前から『真央は金属疲労。どこかで休ませたいの』と、言い続けてましたからね」

 放映権料などの収入面で多大な痛手を受けるスケート連盟はともかく、浅田サイドも早期引退には消極的だったという。スポーツライターが話す。

「真央ちゃんの気持ちが最優先とはいえ、周囲はじっくりと腰痛を治したあとで、女子初の『エイト・トリプル』に再挑戦してはどうか、と勧めていた。負けず嫌いの本人にしても、ソチ五輪のフリーで自己ベストを更新しながら、3ルッツでエッジ違反、3フリップ&3ループでも減点だっただけに、時間がたつにつれリベンジしたいという思いが強くなってもおかしくない」

 かつて、マラソンの高橋尚子が恩師の小出義雄監督のもとを離れみずから「チームQ」を結成し、北京五輪を目指したように「チーム真央」構想が浮上しているという。広告代理店関係者が話す。

「亡き母の匡子さんが、『姉妹で頼り合って生きていってほしい』と言い残していたそうです。平昌五輪挑戦ではなく、姉の舞さんとのフィギュアスケートの普及活動であっても、バックアップするスポンサーはすぐに見つかりますよ。ソチ五輪のフリーは、メダル争いから外れた状況の深夜中継だったにもかかわらず、日本国内の視聴率は19%。涙のラストダンス効果で、CM契約が10社ほどから15社に増えて、まだまだオファーが絶えない状況です。好感度調査の数字を見ても、女子アスリートでは断然トップですからね」

 CMの契約料にしても、平均3000万円が相場だったが、1000万円以上もアップしているという。テレビ局関係者も、浅田人気に驚くばかりだ。

「全国の高島屋で行われている『浅田真央 23年の軌跡展』は、秘蔵の写真も飾られ、休日などは入場制限になるほどのにぎわいです。ただ、テレビ出演だけは『ゆっくり休養させたい』という理由で渋っている。バラエティ番組の出演はほぼNGで、代わりにお鉢が回る安藤美姫がウハウハになっています(笑)」

 さらに、ここにきて恋の噂も持ち上がっている。

「お相手は、フィギュアを引退したばかりの高橋大輔。もともと2人は兄妹のような間柄。人目をはばからず肩を抱いたり、手をつないだりしていました。ところが、母親の匡子さんが11年末に突然逝去。その際に、浅田は別の男性と交際していたが、メンタル面を支えることができずにあえなく破局し、以前から兄のように慕っていた高橋と急接近しているという話を聞きます。お互い、今は自由な立場で、プライベートではおそろいの指輪をして、デートもしているとか。このまま休養期間中に電撃婚もありうるのでは」(スケート連盟関係者)

「早くお母さんになりたい」と話していた浅田だけに、悲願の金メダルよりももう一つの夢のほうが先にかなうのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題