スポーツ

アルビレックス新潟・早川史哉が明かすサムライブルーの素顔

 カタールの地でW杯の激闘を終え、帰国したサッカー日本代表。サムライブルーの選手と親交が深い、不屈のJリーガーに知られざる素顔を聞いた。

「クロアチア戦のPKに集約されていましたね。想像もできないプレッシャーがのしかかる中、南野拓実選手(27)は自分から1番にキッカーを務めることを選んだ。結果は残念でしたが、同世代の仲間としてすごく誇らしかったです」

 日本代表のエースナンバー「10」を背負った南野について語るのは、6年ぶりにJ1復帰を決めたアルビレックス新潟のDF早川史哉(28)である。

 16年のプロ入り直後に白血病に襲われたが、現在は選手としても復帰し、著書「そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常」(小社刊)も話題になった。

 そんな早川と南野は「94ジャパン」(94年1月1日以降生まれの選手で構成された)と呼ばれたユース世代で出会い、それ以来、親友と呼べる間柄になる。

「ふだんはノリのいい関西人って感じですけど、ピッチに立つと、ギラギラした獰猛なハンターに変貌します。ゴールへの執着心と負けん気の強さに衝撃を受けましたが、昔はやりすぎてしまい、レッドカードをもらうヤンチャな一面もあった(笑)」

 2人がともに世界と戦ったのは、11年にメキシコで開催されたU─17W杯でのこと。世界を驚かせる快進撃を続けたが、準々決勝でブラジルに2─3で敗退。試合後、「94ジャパン」のメンバーは、ある約束を誓い合ったという。

「『この借りは自分たちの世代がA代表になってW杯で返そう』と言って、解散したんです。その時のメンバーから唯一、南野選手がA代表に選ばれて約束を果たした。ドイツ戦で堂安律選手(24)が同点ゴールを決めてくれましたが、その前に世界トップクラスのGKノイアー選手が弾くしかないシュートを打ったのは南野選手。難しい角度から体勢をひねってシュート性の速いボールを蹴ったことに驚かされたし、得点に欠かせないプレーでした」

 また、早川が筑波大学在学中、スペイン戦とクロアチア戦にフル出場したDF谷口彰悟(31)が2学年上の先輩だった。海外クラブのメンバーが中心となる中、Jリーガーとして存在感を発揮した。

「技術力と適応力が高いので、大学時代もどこのポジションに入っても、誰と組んでもうまく順応できましたね。W杯の難しい状況でも、すぐに馴染めて、なんの違和感もなくプレーできたのは、谷口選手だったからこそだと思います」

 谷口といえば、7月のE─1選手権で対戦したライバルの韓国内でも、「超イケメン」として話題になるほど甘いマスクの持ち主。カタール1部リーグのアルラヤンへの移籍が確実視され、ますます女性ファンを増やしそうだ。

「大学時代から年齢問わず女性ファンが試合を見に来ていましたね。本当にイケメンでしかない(笑)。上から目線で言うわけではありませんが、欠点も見当たらないし、とにかく聞き上手。いろいろな人に悩みや相談をされたあと、最後にポンッと的確なことを言ってくれる。一番カッコイイパターンで憧れの先輩です」

 W杯戦士たちの素顔は、実にナイスガイなのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す