芸能

芸能界のご意見番「和田アキ子」は何でそんなに“エライ”のか?(2)業界の至る所に大物友達が…

 民放局制作スタッフが、かつてを回想しながら説明する。

「和田はホリプロにスカウトされて大阪から上京し、68年に歌手デビューした。今や芸能界のドンと言われる陰の権力者で大手芸能プロのS社長が、当時はホリプロのマネジャーをやっており、年も近いことから、和田は『Sちゃん』と呼んでいました。さらには、テレビ界に多大な影響力を持つジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長を『ジャニ子』、タモリや堺雅人などが所属する大手事務所・田辺エージェンシーの田辺昭知社長を『しょうちゃん』と呼ぶ。芸能界の大物が軒並み友達なんです。彼女の最初のマネジャーK氏は今、独立してプロダクション社長だし、そのあとのマネジャーO氏も、ホリプロ系列の芸能プロ社長になるなど、歴代マネジャーが軒並み要職に就いています」

 プロダクションの大物を気安く呼べると同時に彼女はタモリ(68)やビートたけし(67)、明石家さんま(58)ら大御所を押さえ、それぞれ「ちゃん付け」で呼んでいる。さらに、

「森繁久彌を『おじいちゃん』『じいじ』と呼んで親しくしていたり、梅宮辰夫(76)のことを『お兄ちゃん』と言ったり。芸能界の大物、力のある人に近寄っていくのがうまかった。彼らもおとなしく弱々しい女性に慕われるより、ああいう男勝りな女性が寄ってくるとかわいくてしかたないんですよ。そういう和田が『Sちゃんがさぁ‥‥』『森繁のじいじがね』なんて言うと、テレビ局の幹部もタレントも皆、一目置いてしまう。今のタレントで、大手プロダクション社長や大物芸能人をちゃん付けで呼ぶ人なんていません。だから、そんな和田にニラまれたら大変なことになる、と勝手に思ってしまうんです。人脈がスゴすぎて、彼女が何をどう言っても切り捨てづらい」(前出・民放局制作スタッフ)

 こうした「バック」に加え、和田は巨大プロダクション、ホリプロの今や最も古株のトップタレントという立場である。こうした「威光」は、アッコファミリーのタレントにも行き届いているという。ベテランの構成作家が明かす。

「ファミリーの一員ということで、各局のディレクターが使ってくれるんです。例えば勝俣をちゃんと使わないと、あるいは変な扱いをして、もし勝俣が和田に相談をしたら‥‥と考えて若手ディレクターなどはビビってしまう。和田がその気になればディレクターの1人ぐらい飛ばすことができるだろう、と。実際に彼女が何か圧力をかけることなんてないでしょうけど」

 ファミリータレントにとっては、何かトラブルがあってもご意見番としてかばってくれるというメリットもあるという。

「陣内に浮気疑惑が浮上した時には、責めながらも守ってくれている」(安良氏)

 だからテレビ局スタッフやタレントたちは、恐れを抱きながらも彼女を持ち上げ、礼賛し、へつらい、迎合する。ただ、「例外」が1人だけいるという。お笑い業界関係者が言う。

「和田と同じ事務所の手相芸人、島田秀平(36)だけは、和田には特別に信頼されています。実際に当たる占い師として和田が信奉しており、彼女の自宅にも自由に入れます。一度、泥酔した和田を島田が担いで、宿泊先のホテルまで連れて行ったことがありました。和田は部屋の床にゴロンと寝そべると、『脱がせろ!』と命令した。彼女にそう言われると断れません。島田は『エーッ!?』と思いながら、和田の服を脱がせ、スッポンポンにさせたそうです。それほど信頼されているということです。島田はいろんな芸能人の手相を見て、トップシークレットを知っているし、しかも絶対に口外しないからですよ」

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
3
顔マネに悪意!?松岡茉優、若手女優陣への“本音”トークに「テング状態」の声
4
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!
5
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?