芸能

ももクロ・あーりんは激太り地獄から脱出できるか

 ももいろクローバーZのあーりんこと佐々木彩夏(18)からダンス再開宣言が飛び出した。佐々木は4月、番組収録中にスタジオで転んで左足関節外果を骨折、全治2カ月と診断され、車いす生活を続けてきた。

 自身の18歳の誕生日である6月11日に出演したイベントでは、晴れて松葉づえなしの姿で登場し、ファンを歓喜させた。14日には、担当医からダンスの許可が下りたという。

「跳ねたり、踊ったり、激しいダンスが売り物のももクロ。メンバー5人のうち1人が踊れないのでグループの魅力も半減しており、ライブでもメンバーも観客もノリが悪かった。主題歌を提供した映画『偉大なるしゅららぼん』、主題歌を歌い特命宣伝プロデューサーまで務めた映画『悪夢ちゃんThe 夢ovie』が次々と大コケ。どちらも事務所の先輩の主演映画で、ヒットの援護射撃をするはずが戦犯扱いされるはめに…」(芸能ライター)

 佐々木はさっそくオフィシャルブログでファンに報告。

「どんどん動かすべきなのか、まだそっとしとおくべきなのかヒヤヒヤしてたから(笑) よしっ! ゆっくりゆっくり、加減しながら踊ったりジャンプしたり走ったりするのに慣れてかないとね!」

 と元気いっぱいのコメントをアップしている。

 これに関係者はほっと一安心したが、さるネットライターはこう話す。

「1月にも自宅で骨折するなど、佐々木は大ポカ続き。日頃はプロ根性の高さから『佐々木プロ』ともののふ(ももクロファン)から呼ばれリスペクトされる存在だった。だが、食べ盛りのため食欲が半端なく、セーブがきかない。佐々木の主食は甘いもの。大好物のシュークリームには特に目がなく、誕生日にプレゼントされたシュークリームを積み重ねたタワー状のケーキには大喜び。自宅の冷蔵庫をシュークリームで満杯にしてにんまりしていたとか。かつてあまりの食べっぷりの良さに恐れをなした事務所に“シュークリーム禁止令”を言い渡されたが、まるで守れなかった。それでも骨折前はレッスンやライブで体を動かして脂肪燃焼もストレス解消もできていた。だが、この2カ月間は全くできずじまい。メンバー1太りやすく、ストレス発散のドカ喰いに走っていたため、今や見るも無残な激太りボディになってしまった」

 アイドル街道まっしぐらのももクロだが、あーりんはもののふの期待に応えてアイドルボディを取り戻すことができるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!