スポーツ

W杯コートジボーワール戦は勝てば視聴率50%超えだった!

 サッカー日本代表のワールドカップ初戦のコートジボワール戦を生中継した6月15日のNHKテレビの視聴率が、46.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率だったことが分かった。

「一向に盛り上がらないと言われながらも、試合が始まれば、やはりスポーツ中継は強い。初戦は日曜午前中の生中継というのがよかった。仕事や学校、家事など気にすることなく、茶の間で腰を落ち着けて応援できた。生放送のハラハラドキドキも味わえたし、これで勝てば、祝勝会と称して街に繰り出すファンで小売店などは儲かったはずだが、逆転負けではね。今のところ、ウハウハなのはNHKだけ」(テレビ誌記者)

 瞬間最高視聴率は午前11時44分の50.8%。後半42分、香川真司に代わって柿谷曜一朗が投入された直後の場面だった。

 試合は前半16分、左サイドの長友佑都からパスを受けた本田圭佑が左足でシュートを決めて先制。しかし、後半は一方的に攻められる展開となり、19分にボニのヘディングシュートで同点に追いつかれ、さらにその2分後にも同様の展開でジェルビーニョに得点され、逆転を許し、1―2に。その後、日本は大久保嘉人や柿谷を投入したが追加点をあげることができず、初戦を落とし、黒星スタートとなった。

「絶不調と言われていた本田があっさり先制点を決めたのにはエースの意地を感じさせたが、後半はいいところなしの逆転負け。相手チームのエース、ドログバにしてやられた格好。後半もっといいいところを見せ、突き放すなどしていれば、視聴率50%超えは確実でした」(サッカー専門誌記者)

 4年前の2010年南アフリカ大会の日本代表初戦「日本×カメルーン」の視聴率は、44.9%で、前回よりも高い滑り出しとなっている。

「日本代表の残りの試合はいずれも早朝放送。第2戦のギリシャ戦は、6月20日の午前6時から、同6時40分から日本テレビ系で放送される。グループリーグ突破のためにはギリシャ戦は大量得点での白星が欲しいところ。金曜朝の通勤電車では、試合中継に熱中する会社員でいつも以上にごった返しそうです」(ネットライター)

 車内視聴率は80%超えか!?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場