社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<冬うつ>冬になると発症する「過食」と「過眠」

 日照時間が短いこの時期は「冬うつ」に注意したい。

 これは、秋から冬にかけて「気分が落ち込む」といったうつ症状を発症し、春や夏になると回復する季節性うつ病のひとつ。医学的には「季節性情動障害」と呼ばれる。

 冬場は十分に日の光を浴びる時間が減るため、脳内の神経伝達物質のひとつ、セロトニンの分泌が減少する。そのため、セロトニンを原料としている体内時計をつかさどるホルモン・メラトニンの分泌がアンバランスになってしまうため発症するのだ。このメカニズムは解明されていない部分も多く残されている。

「冬うつ」の主な症状は、「気分が落ち込む」「集中力が落ちる」「ひどくイライラしたり不安になったりする」「物事を楽しめなくなる」「人と会いたくなくなる」。

 一般的な「うつ病」と似ているが、その違いは「過眠」と「過食」だ。うつ病は「眠れない」「食べられない」といった症状が現れるが、「冬うつ」の場合は「寝ても眠い」「炭水化物や甘い物が異様に欲しくなる」症状が出やすい。

 最も重要な予防法は太陽の光を浴びること。寒い冬は外出も億劫になりがちだが、窓辺で日光を浴びるだけでも十分有効だ。

 タンパク質の積極的な摂取もオススメする。肉や魚、大豆製品などに多く含まれるタンパク質は、セロトニンを作る原料となる。特にイワシやサバなど青魚の脂にはセロトニンを活性化させる作用があるため、意識的に摂取することが望ましい。

 寝溜めをしないことも重要だ。休日などに寝溜めをすると体内リズムが崩れて心身に不調を来たしてしまうからだ。起床時間を決めて規則正しい生活を心がけよう。

「冬うつ」の症状を発症したら、一人で抱え込まずに、心療内科やメンタルクリニックなど医療機関に相談するといいだろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権