政治

岸田内閣に怒りの辞職勧告!〈鈴木哲夫(政治ジャーナリスト)〉総理の肩書きを欲しただけの人だ

 岸田文雄総理(65)は完全に負のスパイラルに入っている状態です。何をやっても支持率は下がりっぱなし。例えば、閣僚の首を切るにしても、後手後手で追い込まれてやったにすぎません。普通なら「よく切った」となるところが、「なんで今頃」と批判を浴びてしまう。30兆円規模の補正予算にしても、電気ガス料金などの補助金以外の中身は期待外れなものばかりで、これでは支持率は下がる一方でしょう。

 岸田内閣には3つの力が欠けています。1つ目は経済対策。「資産倍増計画」「新しい資本主義」などはお寒い限り。2つ目が危機管理能力。閣僚人事など先手を打つ力がありません。3つ目はチーム力。政策を実現するには党や官僚と連携することが必要です。ところが、支持率が下がった今や、政権維持のため派閥の領袖などにあちこちで「支えてほしい」とペコペコ頭を下げ回っている。そうなれば、代わりに「この政策を頼む」「この人事を入れろ」などの要求には従わざるを得なくなります。官僚に対しても同様のことが起きていて、財務省からは増税、経産省は原発新設などドンドン言いなりになっていくのです。ちなみに、GDP比2%の防衛費に関して、今回は国債ではなく、増税で負担する方針となったのは、安倍政権時代に虐げられてきた財務省が復権したことに起因しています。これ以上国債を発行したくないという財務省の言いなりとなった岸田総理が増税を判断したわけです。ここにもその求心力のなさが見えてきます。

 その防衛費では5年で43兆円という額が気になります。予算は国会で審議し、多数決を経て決まるものですが、この時期に43兆円という金額面ばかりが先行しているのは、23年1月に予定される訪米でバイデン大統領(80)への手土産にするため、と批判されてもしょうがない。ホワイトハウスでの会談で、巡航ミサイル「トマホーク」の大量購入を約束し、代わりに5月の広島G7サミットの際には大統領に長崎の被爆地も訪問してもらおうと考えている可能性も見え隠れする。

 総理には2タイプありましてね。まずはその座を手段として自分のやりたい政策をやるタイプ。例えば、菅義偉前総理(74)は携帯電話料金の引き下げなどを実現しました。もう1つが総理になること自体が目的というタイプ。急に増税と言い出した岸田総理はまさにこのタイプで、旧統一教会問題でも最初は現行法で対応するとしていたが支持率が下がったとたん突如として「救済新法」を作ると言い出した。岸田さんは世論の批判が厳しいと自分の政策がコロコロ変わるんです。要するに、ソーリという肩書きが欲しいだけの人なんです。

 コロナの問題でも、今頃2類から5類へ変更するなど話し合っているが、本来は22年3月の時点でやっておくべき話。ところが、7月に参院選が控えていると先延ばしにした。こうした時間稼ぎ作戦はことごとく失敗に終わっています。年明け新年ムードで期待感は多少上がるでしょうが、こうした朝令暮改で一貫性を欠く、希薄な岸田政権はせいぜい悲願の広島サミットまでが寿命でしょう。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
5
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由