芸能

「民放5年間出演禁止」で干され続けた西島秀俊がブレイクした男前な理由!

 今やローソン、日清食品、全日空、グンゼとさまざまなジャンルのCMに引っ張りだこ、ドラマ「MOZU」に主演するなど人気抜群の西島秀俊(43)。これほどの人気者になれたのは、先見の明と卓越したセルフプロデュース力にあった。

 西島は横浜国立大学在学中、オーディションに合格して渡辺プロダクションに所属。21歳の時、連続ドラマ「はぐれ刑事純情派V」(テレビ朝日系)で俳優デビュー。同プロの若手俳優集団、MOVEの第1期生として活動する。93年に出演した連続ドラマ「あすなろ白書」(フジテレビ系)でゲイの若者を演じ、精悍な顔立ちと繊細な演技で茶の間の注目を集めた。

「西島人気に目をつけた同プロはアイドル路線で売ろうとしたが、西島は今後売れるのはアイドルではなく演技力を備えた役者で、自身もキャリアを積んで息の長い俳優を目指したいとして正面衝突。もともと映画好きで裏方志望だった西島は、やたらチヤホヤされたり、人気がなくなれば使い捨てされるアイドル的な扱われ方に納得いかず、ついに決裂。事務所移籍とひきかえに、民放ドラマ5年間出演禁止という条件をのまされた。大手プロに逆らったことで、見せしめのために干され続けたんです」(芸能ライター)

 その結果、97年から02年までNHKのドラマ以外はマイナーな映画のみの出演となり、民放ドラマブームにあって忘れ去られた存在になってしまう。救いの神になったのは、北野武監督。02年に同監督の映画「DOLLS」の主役に抜擢されたことで、注目を集め、出演解禁となった。

「干されていた間、西島は酒や女に溺れることなく、ひたすら1人で映画館に入り浸っていた。食事をとる時間さえ惜しんで、映画館の暗闇の中でおにぎりをパクつき、ハシゴしては見続けた。その数、何と年に300本以上。そのすべてを役作りにぶつけた」(映画ライター)

 事務所が西島の言い分をむげにしなければ、ずっと早くに西島時代が到来していたに違いない。

「『あすなろ白書』の共演者、木村拓哉は10代からアイドル路線を突っ走ることをジャニーズ事務所から強いられた。その結果、40歳をとうに過ぎたというのに、昔のまま。人気にあぐらをかき、演技力は上達せず、どんな役でもキムタクになってしまう。西島はその間役作りに手間と時間をかけ、監督の要望通りのキャラクターを体現する演技派に成長した。謙虚で控えめな性格は監督の信頼も厚く、スタッフ受けも上々。若々しさを保つため始めたジム通いで、マッチョなボディを作りあげることにも成功した。今では脱いだらすごい役者のトップに君臨、女性人気をわしづかみしている」(芸能レポーター)

 理不尽な屈辱に耐え続け成功を勝ち取る──映画のストーリーさながらの人生を歩んできたことも、皮肉にも、演技派として成功するにはプラスの経験になったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”