スポーツ

競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差

 JRAの美人ジョッキー・今村聖奈(栗東・寺島)がターフ外でも、先輩女性ジョッキー・藤田菜七子(美浦・根本)に、完全に差をつけた。

 ベテランの競馬ライターは、現状についてこう話す。「藤田の性格の問題はデビュー直後から有名でしたが、最近はますますエスカレートしています。取材で声かけしても、気に入らなければ無言。関係者が空いた時間にサインをお願いしても、無視ですからね。一方、今村は愛想がいい。取材にも笑顔で応じてくれます」

 全ての騎手が快く取材に応じてくれるわけではないが、藤田の場合は完全に腫れ物扱いになっているという。

 2人の差は、騎乗以外の部分にも表れ始めている。藤田、今村ともにマネージメント先はホリプロのスポーツ事業部だ。このスポーツ事業部は、タレントを扱う部署とは少し異なっている。かつてスポーツ事業部に所属していたプロスポーツ界のOBによれば、

「いい意味で自由にさせてくれるが、あまり熱心には仕事をとってくれなかった印象がある。次から次へと仕事がもらえるのは、限られた人だけじゃないかな」

 藤田は16年ぶりに誕生したJRA生え抜きの女性騎手として、19年には年間43勝を挙げ、女性騎手として史上2人目、平地では女性初のJRA制覇を果たした。取材や騎乗以外の仕事も殺到し、プロの専属スタイリストもつく状態に。

 ところがホリプロ側は、昨年51勝を挙げて藤田の持つJRA女性騎手の年間最多勝記録を塗り替えた今村に、シフトチェンジしている。事実、今村は1月30日、都内で行われたJRA賞の表彰式に着物姿で登場したが、その際にはタレント並みにスタイリストがいたという。

 競走馬の世界では、それまで強かったサラブレッドがさらなる力を持った馬にレースで負かされるのと同じだ。負けた馬はその後、萎縮してしまい、それ以降は勝った馬と同じレースに出走しても、なかなか結果は変わらない。

「(馬同士の)格付けが決まってしまい、その後、先着できないというのです」(前出・競馬ライター)

 昨年8勝しか挙げられなかった藤田と、急成長する今村の関係は、まさしくそれだ。近い将来、2人の関係が完全に逆転する日が来るのだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す