芸能

小泉今日子は「入籍・離婚・独立・不貞」すべて2月に発表した/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 正月が終わったと思ったら、もう2月。昨今は、毎月22日の「夫婦の日」には、映画鑑賞券が割引になるなど、様々な特典が付つくようだが、今から28年前、1995年の「2」が3つ並んだ2月22日、東京・青山のギャラリーで、おしゃれな結婚入籍記者会見を開いたのが、小泉今日子と永瀬正敏だった。

 当時、2人は俗にいう「ファッションリーダー」的存在で、この日も、永瀬はベージュのハイネックにスカイブルーのサテンジャケット。一方、小泉も黄色いサテン素材の衣装に共布の帽子、そして足元は2人とも白系のシューズで決めており、集まった女性記者からは、「おしゃれ~」「かわいい~」と歓声があがったものである。

 2人は雑誌「an・an」の対談で2年前に出会い、「会った時から電波を感じていました。理由はわからないけど、こういうふう(結婚)になると思いました」と永瀬が言えば、小泉も、「初めて会った時から、ほかの人と違う不思議な感じがしました」と、運命の赤い糸を感じたと語る。報道陣からの「指輪を見せてください」との呼びかけにも「エィッ!」と薬指を突き出し、「昨年の夏にもらいました。大人だあという気持ちになりました」と、ご機嫌で500万円だという指輪を披露した。

 そんな2人は結婚会見の翌日、ギャラリーで「2人の私生活を全て公開した」という写真展を開催。ベッドの中で2人が顔を寄せ合うカットのほか、バスルームや南の島でのプライベートショットなどが満載で、会場には記者会見で着用した衣装も展示する、といったユニークな演出に、あらためて2人のアーティスティックな才能を感じたものだ。

 ところが、そんな仲睦まじい夫妻に破局が訪れたのが、04年2月。結果、2人は9年間の結婚生活にピリオドを打ち離婚。小泉にしばらくはロマンスの噂が聞こえてこなかったが、彼女は15年の2月4日、49歳の誕生日に個人事務所「明後日」を設立。そして翌3月、舞台で共演した豊原功補との居酒屋デートが報じられることになる。

 彼女の半生を時系列にすると、結婚、離婚、個人事務所設立と、偶然なのか、あえてそうしているのか、2月が節目となっていることがわかる。そして、再び彼女が驚きの言動に出たのが、18年のやはり2月のことだった。

 それが、よく知られる、52歳の誕生日を3日後に控えた2月1日に公式サイトで公表した、36年間在籍した所属事務所からの独立と、「人間としてのけじめ」と綴った、妻子ある豊原との交際宣言だったのである。

 その衝撃の公式発表から今年2月で、ちょうど丸5年になる。2月4日には57歳の誕生日を迎えた小泉だが、果たしてまた新たな発言が飛び出すのか、気になるところだ。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴