スポーツ

あの絶対的エース痛恨!プロ野球「連続開幕投手記録」を阻止したのは「落合博満」と「余計なひと言」だった

 プロ野球における「開幕投手」は、先発投手なら誰もが目指す栄誉だ。では、過去に最も長期間、連続して開幕試合に先発登板した投手は…。

 それは阪急ブレーブスの全盛期、絶対的エースだった「史上最高のサブマリン」。最多勝利3回、最優秀防御率2回、最高勝率4回と、数々のタイトルをものにしてきた球界のレジェンドだ。1975年から86年にかけての12年連続の主は、現野球解説者の山田久志氏である。

 これはメジャーリーグのトム・シーバー(68~79年)と並ぶタイ記録。あと1年で世界記録を塗り替える偉業となるはずだった。では87年は、なぜ開幕投手から外れたのか。

 YouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に登場した山田氏みずからが、次のように舞台裏を明かしている。

「あの年も開幕投手に決まってたんですよ。言い渡されたので、準備してて…」

 ところが、だ。最終調整で名古屋へ。この年にロッテから中日に移籍した落合博満を相手に、

「スコンスコン打たれたんですよ」

 すると翌朝の新聞に「山田の調子がどうも上がってこない」といった、阪急・上田利治監督の談話が掲載される。山田氏は監督にこう言った。

「監督ね、もし私にそんな心配があるなら、私じゃなくていいですよ」

 当然ながら、山田氏は「お前しかいないじゃないか」という言葉を期待したが、上田監督はそのまま受け取り、山田氏は開幕2戦目へとスライド。まさかの展開だった。

「談話ひとつで13年目がなくなった。黙っておけばよかった」

 山田氏はそう言って、痛恨の「余計な一投」を振り返るのだった。

 ちなみに現在の連続開幕投手の世界記録は、ジャック・モリスが樹立した14年連続(80~93年)である。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング