スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「マテンロウレオが頂点に立つ」

 新装なったスタンド、そして改修された馬場。初めて尽くしの京都競馬場で行われる天皇賞・春は、どんなドラマが生まれるのか。芝3200メートルの長丁場だけに、想像しづらいところはあるが、これまでどおり、スタミナの有無が勝ち負けの絶対条件だろう。

 その“盾争奪戦”は、今年はこれまでとは少しばかり趣を異にする。前哨戦の日経賞を圧勝して健在ぶりを誇示した昨年の覇者タイトルホルダーに、エントリーした各馬がどう挑むかが焦点だが、昨年と違って顔ぶれが実に多彩。それだけに、タイトルホルダーが下馬評どおり、昨年と同じパフォーマンスを演じられるかどうかは微妙である。

 タイトルホルダーは充実著しい5歳馬であるが、他のGI同様、この時期は4歳馬と5歳馬の力は、ほぼ互角になる。そのせめぎあいはとにかく見もので、予断を許さない。

 しかも天皇賞・春は、よく荒れることで知られる。ここ2年は比較的順当に収まっているが、03年に馬単が導入されて以降、これまでの20年間、その馬単による万馬券は8回(馬連では7回)。この間、1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬は7勝(2着2回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は3回あるものの、どちらかというと波乱含みの一戦だ。

 年齢的には過去20年で4歳馬が9勝(2着5回)、5歳馬は8勝(2着7回)、6歳以上の馬が3勝(2着8回)と、特に近年は4歳馬の台頭が目覚ましく、当方が期待したいのもその4歳馬、マテンロウレオだ。

 前走の大阪杯の際にも当欄で推奨したが、ジャックドールにまんまと逃げ切られてしまった。それでも期待どおりの走りをみせ、4着とはいえ勝ち馬とはコンマ4秒差。であれば、巻き返しを期待していいのではないか。

 しかも大阪杯の時は、その前走(京都記念2着)から斤量が2キロ増。初めて58キロを背負っての競馬で、一戦ごとに着実に力をつけていることは確かだ。

 昨年のダービーで13着に敗れたあと、左前脚の骨折の憂き目に。しかし半年休んだあと、復帰戦となったアンドロメダSを快勝。それ以降は【2】【5】【2】【4】着と、強敵相手にいずれも差のない見せ場たっぷりの競馬をみせている。ならば、いよいよもって、GIに手が届いていいはずだ。

 1週前の追い切りも軽快かつリズミカル。「落ち着き払って、雰囲気が実にいい。とにかく順調です」と厩舎スタッフが口をそろえるほど。

 父がハーツクライで母の父がブライアンズタイム。距離は前走から大きく延びるが、血統からスタミナの不安はまったくない。しかもBCディスタフなどGI11勝の女傑レディーズシークレットを曾祖母に持つ良血。頂点に立ってよく、大きく狙ってみたい。

 NHKマイルCは、かなりの混戦模様だが、ノッキングポイントに期待だ。

 前走の毎日杯(阪神芝1800メートル)では2着に敗れたが、今回は実績のあるマイル戦。持ち味の強烈な末脚を生かすには格好の舞台である。

 この中間も順調で、稽古の動きは相変わらず軽快。暖かくなって馬体が締まってきたのもいい。

 母のチェッキーノはGIIフローラSを勝ってオークスで2着した馬。シンコウラブリイ(マイルCS)のほか近親、一族に活躍馬が多くいる良血。勝ち負けになっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道