芸能

いかりや長介の葬儀で志村けんが涙するまでの「長い不協和音」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 一昨年3月、新型コロナウィルス感染による肺炎で、70歳という若さでこの世を去った志村けん。そんな志村が所属していたザ・ドリフターズのリーダーで、志村にとって笑いの師匠だったのが、04年3月に頸部リンパ節ガンで亡くなった、いかりや長介だ。

 志村は17歳の時、いかりやに弟子入り。7年間の下積みを経て74年4月、晴れてドリフのメンバーとなり、「8時だよ!全員集合」(TBS系)に出演すると、「東村山音頭」で大ブレイクした。

 その後も「カラスの勝手でしょ」「ひげダンス」と矢継ぎ早に爆笑ネタを生み出したことについては、今さら詳しく説明する必要もないだろう。だが、その笑いに対するストイックな考え方から、いかりやとは、しばしば対立。2人の間には長い間、不協和音が流れていたと伝えられる。

 03年12月、結成40周年を記念し、5人が揃って「40年だよ!ドリフ大爆笑」(フジテレビ系)のオープニング部分を収録するとあり、さっそくTBS関係者を取材すると、

「正直、色々あって、長さんと志村さんが一緒にいるところを撮ることができなかったからね。だから結局、オープニングは20年間ずっと同じ映像のまま。今回は20年ぶりのリニューアルとあって、実はスタッフの方が感無量なんですよ」

 この関係者によれば、いかりやがスタジオにいたのは、わずか30分足らず。喉の不調を訴えるいかりやに対し、志村が「早く済ませよう」と気遣う場面もあったのだとか。

 しかし志村にとって、まさかこの日がいかりやと過ごす最後となってしまうとは…。

 04年3月24日、東京・港区の青山葬儀所でしめやかに営まれた、いかりやの葬儀。舞台出演のため、前日の通夜に参列できなかった加藤茶をはじめ、久しぶりに顔を合わせた4人は、告別式の前に記者会見。

「大黒柱がいなくなり、非常に残念です」(加藤)

「もっと生きてほしかった」(高木)

「あとは息子同士でドリフターズを守っていきます」(仲本)

 それぞれがいかりやに対する思いを語る中で、志村は、

「すごいリーダーのグループのメンバーだったことに、誇りを持っています。いちばん心配してくれて、ボーヤ(付き人)にしてもらって、メンバーにも入れてもらって、チャンスを与えてくれたのは、このいかりやさんでした。感謝しています」

 憔悴しきった表情で、唇を噛んだのである。

 いかりやの死から17年後、向こうの世界へ旅立った志村。そして昨年10月には、仲本工事も。天国では、おそらく3人で酒を酌み交わしながら、当時の思い出話に花を咲かせていることだろう。

 いかりやの葬儀の際、白い花で飾られた祭壇には、無心にウッドベースを弾くいかりやの写真が飾られていた。そう、ドリフの原点はバンドだ。遺影に映る、なんともカッコいいその姿に、無骨なバンドマンを見た思いがした。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題