社会

“土俵際”石破茂が繰り出す“安倍をうっちゃり”奇策(2)総理の言いなりにはならない

 鈴木氏が語る。

「安倍さんは長期政権を狙っていて、ここまでで前半戦を終えたと考えています。安全保障や憲法改正も諦めておらず、解散というカードを切ることを意識し始めています」

 来年9月の総裁選をにらみ、解散カードを切った時に目の上のたんこぶとなるのが他ならぬ石破氏だ。政治評論家の浅川博忠氏が解説する。

「今解散すれば自民党が勝つ可能性が高い。選挙では幹事長が資金面も含め、議員の面倒を見ます。石破シンパが増え、力が大きくなりすぎると、来年9月の総裁選で巨大なライバルになってしまうのです」

 解散カードをいつでも切れる状態で必要なのは、文句も言わずに選挙に邁進する「イエスマン」タイプの幹事長だ。岸田文雄外相(57)が次期幹事長の筆頭候補にあがっているのがその理由だという。

「安倍さんは外交を全部自分でやります。普通の外相なら文句を言うでしょう。ところが、岸田さんは言わない。場合によっては自分で調整して、『総理どうぞ』とさえ言います。そんなこともあって、安倍さんの評価がきわめて高くなりました」(鈴木氏)

 もう一人、候補としてあがっているのが総理の盟友である下村博文文科相(60)である。

「すでに岸田さん、下村さんのどちらかで固まっています。自民党には総理と幹事長は違う派閥という『総幹分離』の原則があり、下村さんは同じ派閥。そんなところからも岸田さんのほうが可能性は高いでしょう」(浅川氏)

 幹事長続投の目は完全についえ、もはや“失脚”同然だが、鈴木氏はそれでも石破氏は安保相の打診に首を縦に振るとは思えないと言う。

「石破さんは防衛相を務めた経歴からもわかるように、自民党きっての外交・安保通ですが、安保相は安倍さんの考えを超えて安全保障の法律を作ることはできない。安保に持論を持っている石破さんが言いなりの立場に甘んじるとは考えにくい」

 石破氏がこと安保に関しては総理にも譲れないことを示すエピソードがある。安倍総理が集団的自衛権の閣議決定に当たって、そのプランを聞いた石破氏は、

「フンって感じだよ。フンッ」

 と、その思慮の浅さを鼻であしらったというのだ。

「入閣したら石破さんに総理の目はありません。次の総裁選を勝てば、安倍さんは自分への影響力が強い人物を後継指名します。これは2人の最終戦争なのです」(鈴木氏)

 官邸の思惑をうっちゃり、無役になった石破氏が次期総裁選で総理を打ち負かす“奇手”はあるのだろうか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!