特集

掛布雅之 混戦模様のタイトル争いを大胆予想!(2)

Sponsored

20140918kakehu_2

 無冠が濃厚のエルドレッドは7月終了時点では50本の大台も狙えるペースで本塁打を量産しながら、8月は結局1本もアーチを放てませんでした。ボールとの「間」が取れず、まったく見極めができない状態で28試合連続三振の不名誉な球団記録も作りました。

 打撃のリズムが狂うと、ごまかしが利かないのがホームラン打者の怖さです。ヒットを打つだけでいいのなら、ここまで深刻なスランプに陥ることはなかったはずです。ボールをバットにさえ当てておけば、調子が悪くても内野安打やポテンヒットが出るので、そのうちに調子も上がっていくものです。

 しかし、エルドレッドはホームランを求められています。彼ほどのパワーがあっても、軽打ではホームランになりません。しっかりと強いスイングをする必要があるのです。そこに落とし穴が待っています。調子を崩すと、「もっと強く振らなければ」と強迫観念にかられます。すると、バットに当たる確率がさらに低くなり、ヒットすら出なくなっていくのです。

 優勝争い佳境の、重たい試合で三振ばかりの粗い打撃をされると、広島らしい野球ができません。再び二軍で自分を見つめ直す時間を与えられたエルドレッドですが、ここまで打撃が狂うと、今シーズン中の復調は相当厳しいと言わざるをえないでしょう。

 そのエルドレッドに打点で並んだゴメスは、アクシデントさえなければ来日1年目でのタイトル獲得がほぼ確定です。3位の山田とは8月終了時点で18点差。残り1カ月で差を詰められるとしても10点強まででしょう。

 ゴメスもエルドレッドと同じように三振が非常に多い打者なのですが、彼の場合は三振の多さが目立たない珍しいタイプです。なぜかというと意外と幅広いコースを打っていて、もろい印象が薄いのです。例えばゴメスに対する定番の攻めは、外角低めのボール球になる変化球で空振りを奪うことです。でも、時には完全にその球を見切って見逃したり、長いリーチを生かして右方向へ打ち返してしまう時があるのです。

 そうなると、投手にはプレッシャーがかかります。もっと厳しいコースを突かなければと、力めば力むほど失投につながるのです。スイング自体もバットが体に巻きついて、ヘッドが遅れてくるタイプですから、エルドレッドより当たる確率は高くなります。3番の鳥谷、5番のマートンに助けられている面もありますが、4番打者として合格点を与えられる成績です。

 投手のほうでは最多勝争いが大激戦です。8月終了時点でのトップが阪神・メッセンジャー、DeNA・久保、井納の11勝です。最終的には15勝前後の決着となるのではないでしょうか。本来なら巨人・菅野、広島・前田あたりは13~14は勝っておかないといけないのですが、それぞれ9勝と10勝です。各チームのエースの勝ち星が増えないことからも、力が拮抗したペナント争いの激しさがうかがえます。

阪神Vのための「後継者」育成哲学を書いた掛布DCの著書「『新・ミスタータイガース』の作り方」(徳間書店・1300円+税)が絶賛発売中。

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性