スポーツ

新日本プロレスVS全日本プロレス<仁義なき50年闘争史>「ブロディ獲得だけで終わらない新日本の反撃」

 1985年3月、ブルーザー・ブロディの引き抜きに成功した新日本プロレスの坂口征二副社長は「第2、第3の反撃材料もすでに用意してある」と、全日本プロレス&ジャパン・プロレス連合軍への反撃を口にしたが、ブロディを獲得する以前から他の作戦も水面下で進行していた。

 まず表沙汰になったのが、ジャイアント馬場の付き人だった越中詩郎の引き抜きだ。越中は前年3月6日に三沢光晴とともにメキシコ修行に旅立ったが、三沢はタイガーマスクになるために7月22日に帰国。越中はひとりメキシコに残される形になってしまった。

 越中は年明け85年1月31日付で全日本の事務所に退職願を送付。これは全日本内でシークレットにされていたが、ブロディが新日本に出現した直後の4月2日付の東京スポーツに越中の「新日本のリングでNWA世界ジュニア・ヘビー級王者のザ・コブラに挑戦したい」という発言が退職願とともに掲載されたから騒動になった。

 メキシコで孤独な時を過ごしていた越中に声をかけたのは、カナダ・カルガリー在住の新日本の外国人ブッカーのひとりである大剛鉄之助。2月13日にハワイのNBCアリーナで開催された「ポリネシアン・レスリング」のビッグマッチにアントニオ猪木をはじめとする新日本のトップ選手が大挙参加したが、この時に坂口が試合とは関係なしに越中をハワイに招待した。

「ハワイに呼んで、話を聞いて。ロスにも呼んだのかな。メキシコではろくなものを食ってなかったみたいで、すごく食ってたな。うどんとかを食わせてよ。安いもんだよな(笑)。それで新日本でやりたいということだったから」と坂口。

 越中は「僕は三沢が帰国してひとりになった時に馬場さんにアメリカに送ってもらえるように話をしたんですけど、それっきりで。それで坂口さんに呼ばれてメキシコからロサンゼルスに2回、ハワイに1回行ってるんです。ロスで食べさせてもらったタヌキそばがうまかったなあ」と笑う。

 坂口に「馬場さんに挨拶してこい」と言われた越中は、7月10日に密かに帰国すると12日に全日本の巡業先の青森県八戸市の馬場の宿泊ホテルを訪れた。

 馬場は「今までのことはいいから、今日、リングに上がってジュニアのチャンピオン(NWAインターナショナル・ジュニア・ヘビー級王者)の小林邦昭に挑戦状を出せ。あとは新日本のことは俺が全部やっておくから心配するな」と慰留。自分の付き人だった人間が新日本に行くことは馬場のプライドが許さなかった。

 それでも越中は「新日本で頑張りたいです」の一点張りで、同席した天龍源一郎が「馬場さん、これだけ言ってるんだから、いいじゃないですか」と助け舟を出して、結論が出ないまま話し合いは終わった。

 帰り際の越中の背広のポケットに「メキシコで苦労して、小遣いもねぇんだろ?」と、天龍が1万円札の束を無造作に突っ込み、あとで額を確認した越中が驚き、感激したというのは有名なエピソードだ。

 だが、馬場は頑として越中の退団を認めなかった。新日本は落としどころとして、アジア進出に向けて立ち上げたアジア・プロレス協会の岩田浩会長と全日本の松根光雄社長の会談を7月30日にセッティング。アジア・プロレスが越中の身柄を預かり、アジア・プロレスの所属として新日本のリングに上げるという形で決着をみた。越中は8月1日の新日本の両国国技館で晴れて参戦の挨拶。コブラと握手をした。

 新日本の引き抜きの手はブロディ、越中だけではなかった。全日本所属ながらアメリカを主戦場にするザ・グレート・カブキ、桜田一男(ケンドー・ナガサキ)、プリンス・トンガ(キング・ハク)にも及んだ。

 さらに新日本は全米侵攻でトップ選手を日本に送るのが難しくなったWWF(WWE)との業務提携はそう長く続かないと判断して、外国人選手の新たな供給ルート開拓にも力を注いでいた。

 フロリダを牛耳るヒロ・マツダ、デューク・ケオムカの紹介で「鉄の爪王国」と呼ばれるテキサス州ダラスを拠点にしたフリッツ・フォン・エリックのWCCWと8月15日に業務提携、ルイジアナなどの中南部地区を仕切るビル・ワットとも友好関係を結んだ。

 ケビンとケリーのエリック兄弟が10月シリーズに初参加し、10・4札幌の開幕戦では藤波辰巳(現・辰爾)&木村健吾(現・健悟)のWWFインター・タッグ王座に挑戦した。

 10月末日で新日本はWWFとの業務提携を終了。翌86年7月にはMSWAからスティーブ・ウイリアムスが初来日した。

 日本人の引き抜きは、カブキとトンガは全日本に留まったが、桜田は10月にランボー・サクラダとして新日本に登場。実は8月7日に坂口はロスのニューオータニで桜田、トンガと会っていたが、追うように馬場もロスに駆けつけた。そこで話し合われたのは‥‥。

小佐野景浩(おさの・かげひろ)元「週刊ゴング編集長」として数多くの団体・選手を取材・執筆。テレビなどコメンテーターとしても活躍。著書に「プロレス秘史」(徳間書店)がある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え