スポーツ

阪神「3週間ぶりの連敗失速」で佐藤輝明にのしかかる「暗いトンネル」からの脱出

 ウハウハの9連勝から一転、阪神・岡田彰布監督がイライラ全開モードに突入した。

「今の打線のつながりとか言うたら、ズルズルいきそうな負けやで。単なる負けじゃないよな」

 そう言って不安を隠さなかったのは、6月1日の西武戦に2-4で敗れた試合後である。実に3週間ぶりの連敗となり、セ・リーグ2位DeNAとのゲーム差は5に縮まった。スポーツ紙デスクが解説する。

「確かに前週の巨人3連戦から、打線が全体的に調子を落としつつあります。特に3番ノイジーと5番・佐藤輝明が、一時の勢いをなくしている。こうなると近本光司と中野拓夢の好調1・2コンビが出塁しても、なかなか得点に結び付きませんからね。2回に先制した後も二死満塁と一気に差を広げるチャンスでしたが、得点圏打率リーグ1位の近本があっさり凡退。追加点を取れなかったのが響きました」

 この試合ではさらに、4回までに3併殺とチャンスを潰して相手投手をラクにしてしまい、先発・伊藤将司が粘りきれずに逆転を許してしまう展開に。

 打線は前日同様、クルクルと代わる西武リリーフ陣に手こずり、3点差に広げられた7回にミエセスの犠牲フライで1点を返すのがやっとだった。

 岡田監督が懸念するように、阪神はこのままズルズル落ちてしまうというのか。

「佐藤がどれだけ早く復調できるか。一度調子を落とすとなかなか上がってこない傾向がある選手だけに…」(前出・スポーツ紙デスク)

「プロ野球ニュース」(フジテレビONE)に出演した野球解説者の井端弘和氏は、次のように評した。

「きっちり狙い球を絞って、それを仕留められれば、また得点も重ねられると思う」

 こうなると、経験豊富な糸原健斗と原口文仁を2軍に落としてしまったのは、失敗だったのではないか、との思いが出てくるが…。

 この週末は甲子園でパ・リーグ首位のロッテとの3連戦。4日には佐々木朗希が登場する予定だという。今季まだ3連敗のない阪神は、次戦で盛り返すのか、それとも…。キモは打線のつながりにある、と言えそうだ。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
阿部慎之助は「戦犯扱い筆頭」元木大介は原監督と「亀裂」ダメ巨人で始まるコーチ陣大粛清
2
ロンブー淳がアンチに「直接話そう」公開した携帯電話番号にかけたら「生配信」されるかも
3
今年のプロ野球ドラフトは「大学生投手の大豊作」で花巻東・佐々木麟太郎を敬遠する球団が出た
4
「桑田派」巨人・大勢をにわか仕立てで潰す気か!「桑田真澄を1軍投手コーチに戻せ」という投手陣の叫び
5
水卜麻美・井上清華・渡邊渚「体調不良」で女子アナが続々ダウンする「昼夜逆転」生活の限界