政治

「プーチンを中国のポチにしてやる」逮捕状の戦争犯罪人をかくまう習近平の「野望と世紀の大罪」

 今年8月に開催されるBRICS(新興5カ国=ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)首脳会議を巡り、開催国となる南アフリカで今、会議への参加が予定されているロシアのプーチン大統領を招くか否かの大議論が巻き起こっている。

 というのも、プーチンにはICC(国際刑事裁判所)から戦争犯罪人として逮捕状が出されており、仮に南アでの首脳会議に出席した場合、ICC加盟国である南アには、プーチンを拘束してICCに引き渡す義務が生じてくるからだ。全国紙外信部記者が解説する。

「親ロシア姿勢を鮮明に打ち出している南ア政権内には、ICCを脱退してでもプーチンを招いて会議を開催すべきだ、との強硬論があります。一方で、経済的な結びつきが強い欧米諸国との関係悪化を懸念する慎重論も根強い。そこで捻り出されたのが、苦肉の折衷案。南ア政府は『やはりプーチンを招いて逮捕しないことは難しい』と判断し、ICC非加盟国の中から代替開催国を選定する、という結論に達したのです」

 そんな中、代替開催国の最有力候補として浮上してきているのが中国だという。習近平政権の内情に詳しい国際政治ジャーナリストが明かす。

「南ア政府はすでに習近平国家主席から代替開催の内諾を取りつけ、中国国内での首脳会議開催に向け、準備を進めていると聞いています。開催地は首都・北京。当然、プーチン大統領も出席することになるでしょう」

 しかも、南ア政府の要請に応じたとされる習近平は、ロシアとプーチンに対し、ただならぬ野望を抱いているというのだ。国際政治ジャーナリストが続ける。

「習近平は代替開催で自身と中国の存在感を世界に誇示するとともに、プーチンに恩を売って、ロシアを従属させることを目論んでいる。ひと言で言えば『ロシアを中国のポチにする』ということです。事実、西側諸国を敵に回して完全な窮鼠状態に陥っているプーチンにとって、経済的にも政治的にも軍事的にも頼りになる大国は、習近平率いる中国だけ。習近平はその弱みにツケ込んだということです」

 ただし、国際手配逃れに手を貸したとなれば、プーチンのみならず、習近平も同罪の謗りを免れないのは明らか。習近平の野望は世紀の大罪と背中合わせなのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」