スポーツ

日本サッカー協会の笑いが止まらない!韓国代表・クリンスマン監督「4戦未勝利」の体たらく

 サッカー韓国代表のクリンスマン監督が、今年3月に就任してから6月まで4戦連続未勝利。これで韓国代表の外国人監督としてはワースト記録となった。

 韓国代表は6月、日本が2戦2勝となった同じ対戦国に1分1敗(●ペルー、△エルサルバドル)に終わった。エルサルバドルには先制しながら追いつかれ1-1という結果となり、クリンスマン氏は「4点以上は決められるチャンスはあった。準備期間も少なかった」と言い訳のオンパレードだった。

 これに笑いが止まらないのは日本サッカー協会(JFA)だ。クリンスマン氏へ最初に代表監督就任に向けて動いたのはJFAの方である。そもそも、2018年W杯ロシア大会で勇退した西野朗監督の次は森保一監督ではなかった。サッカー担当記者曰く、

「クリンスマン氏推しのJFAの人間は多数いました。ただ、引っ掛かったのは西野さんの前のハリルホジッチ監督のように、クリンスマン氏が協会と衝突する監督だったことです。米国代表監督時代(2011年~16年)には同国協会と数え切れないほど衝突していましたからね。JFAの中では今も、言うことを聞かない外国人監督に対するアレルギーが相当強い。森保監督がW杯カタール大会後も続投になった理由の一つです」

 そんなクリンスマン氏と韓国の契約は次のW杯まで。

「途中解任した場合、契約完了期間までの給料(約3年5カ月分)を違約金として支払う契約になっているため、そう簡単にはクビにできない」(前出・サッカー担当記者)

 しかも、在任期間中は韓国での居住が契約条件に盛り込まれている。このまま不甲斐ない成績が続けば、韓国中で吹き荒れつつあるバッシングは激しさを増すばかりだろう。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる