スポーツ

「場外戦の失言」でDeNAを奮起させた阪神・岡田彰布監督のイライラ大暴走

 阪神・岡田彰布監督は、暴走老人と化してしまったのか。負の連鎖を断ち切れない阪神タイガースは6月25日のDeNA戦に敗れて5連敗となり、44日ぶりに首位から陥落した。今季初の同一カード3連戦3連敗を喫し、昨年6月からの横浜スタジアムでの連敗は13まで伸びた。打撃不振の佐藤輝明へのイライラは頂点に達し、25日に1軍登録を抹消している。

「佐藤を2軍に落とす代わりに、誰も昇格させませんでした。それならば、横浜での3連戦が終わった26日に抹消すればよかった。佐藤がベンチにいるだけで、相手に与える影響は大きかったはずです。連敗で監督が我を失ったのか、不可解な処遇でした」(スポーツ紙デスク)

 横浜入りの前から、不穏な空気は流れていた。岡田監督が「場外戦」を仕掛けたのだ。横浜スタジアムでイニング間に行われるイベントに「時間が長いよな。ちょっと拍子抜けするよな。何か野球に関係ないイベントばっかりしてるやろ。言うとけよ、横浜に」と不満爆発。DeNAが本拠地で強い理由は、このイベントにあると説いたのだ。これを受けて、DeNA関係者やDeNAファンは激怒。一塁側ベンチはにわかにヒートアップしていた。

「相手を逆撫でする発言は御法度。1989年の日本シリーズでのヒーローインタビューで『巨人はロッテより弱い』と答えた近鉄・加藤哲郎の失言に匹敵します。指揮官の不用意な発言で。DeNAに逆襲の起爆剤を与えてしまいました」(スポーツライター)

 虎将は6月24日の試合後に「あのイベントの記事からおかしなった」と、2度ボヤいた。このまま大失速V逸に突き進めば、岡田監督の失言は責任問題に発展するかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」