スポーツ

「ドン・キホーテ」のおかげで大谷翔平は「来季ドジャース入り確実」という仰天事情

 もはや「大谷翔平のドジャース入り」は既定路線なのだろう。

 エンゼルスと同じロサンゼルスを本拠地とするドジャースとの「フリーウエー・シリーズ」(6月21日、22日の)では、ドジャースファンもマウンドの大谷に大声援を送った。ドジャースのロバーツ監督は「全ての監督が『彼はドジャーブルーの方が似合う』と言うだろう。残念ながら、今夜は彼と対戦しなければならないが」とベタ褒めだった。

 本サイトでも既報したように、米メディア「ジ・アスレチック」が実施したメジャー22球団、103選手へのアンケート調査の質問「大谷が来季所属する球団はどこだと思うか」に対し、57.2%がドジャースと答えている。

 大谷はエンゼルスとの契約を延長しない限り、今季終了後にFAとなるが、なぜそこで、12年契約で6億ドル(約790億1000万円)という史上最高額でのドジャース入りだと言われるのか。根拠はいくつもあると、メジャー担当記者が話す。

「米中の関係悪化が懸念される中、アメリカでは『アジア人ヘイト』が払拭できていません。東海岸の球団フロント、ファンの中には『大谷のベーブ・ルース超えを面白く思わない勢力』もあります。東北出身の元メジャーリーガー佐々木主浩と現ブルージェイズの菊池雄星が、同じく西海岸のシアトル・マリナーズと契約したのも、日系人が多く、海産物が豊富だから。ロサンゼルスはシアトル以上で、在米日本人は全米最多。アメリカ国内の日本食レストランの20%以上が集まっており、低温殺菌済みの高級卵、地元産のウニ、氷見の寒ブリまで手に入る。睡眠と食事に人一倍気をつけている大谷が、全米で最も日本食材が手に入りやすいロスをわざわざ離れるとは考えにくいのです」

 そして最大の根拠が「ロスには『ドン・キホーテ』があるから」だという。いったいそれが、大谷とどんな関係があるというのか。メジャー担当記者が続ける。

「ロス最大の日系スーパーが『ドン・キホーテ』と同グループ傘下に入り、2021年に『ドン・キホーテ』そっくりにリニューアルされました。納豆も『うまい棒』もあれば、大谷のスポンサーであるコーセーや西川寝具、セイコーの商品も販売されています。ド軍が破格の6億ドルで契約しても、日系企業や『ドン・キホーテ』で取り扱いのあるアジア系企業のスポンサーがつくでしょうから、元は取れる算段です」

 そしてドジャースには「マイノリティのメジャーリーガーを育てる」という球団レガシーがある。

 ドジャースはMLBで初めて黒人選手とメジャー契約した球団だ。元オーナーのオマリー一族と側近のアイク生原氏は、野茂英雄や朴賛浩(韓国)、郭泓志(台湾)らアジア系メジャーリーガーを次々と誕生させた。

「新型コロナでアメリカ国内にアジア人ヘイトが起きた際には、球団と沖縄生まれのロバーツ監督がそれぞれ、抗議声明を出したほど。大谷は人種差別や経済危機で分裂しかけている移民の街のシンボルであり、ヒーローなんです」(前出・メジャー担当記者)

 アイク生原氏が志半ばにガンで倒れる前、最後に面倒を見ていた長嶋一茂も6月23日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で「ドジャースに移籍すれば200勝するかもしれない」と、大谷を援護射撃した。ツインズの前田健太もド軍時代に継がなかった「ドジャース野茂の16番」を、大谷が背負う日は近いかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白