芸能

デーブ・スペクター 日本に来た当時は「何もかも不思議に見えた」/テリー伊藤対談(2)

テリー 最初に来た頃の日本の印象って?

デーブ 狭かった。高速道路も2車線しかないから、高速に見えないとか。

テリー ということは、あんまり居心地がよくなかったんだ?

デーブ 僕、全然(体が)大きくないけど、喫茶店へ行くとテーブルがちっちゃいとか、全部ちっちゃいじゃないですか。泊まったホテルでリモコン使ったら、隣の人の部屋のチャンネルが変わったり。不思議に思ったのは、羽田空港の滑走路を通ると団地とかアパートが見えて。その半分以上がベランダに布団を干してるのに、何で落ちないのかなと。クリップで止めてるのを知らないから。だから何もかも不思議に見えたんですよ。喫茶店にコーヒー飲みに行くと「アメリカン?」って言われて、「国籍を聞くんだ?」と思って。そういうのばっかりで。

テリー 日本に来て、日本のテレビはどう思ったの?

デーブ 大好きで、テレビばっかり見てましたよ。当時は歌番組とか大好きで。上智大学に留学してた時も「ザ・ベストテン」とかよく見てましたね。

テリー デーブは今もそうだけど、テレビのプロデューサーでしょう。そうすると、アメリカのテレビ局で上に行こうとは思わなかったの?

デーブ ありました。向こうでも頑張ってましたよ。でも、実は加山雄三さんに憧れて。「若大将」をずっと向こうで見てたの。

テリー 「若大将シリーズ」がアメリカでやってたんだ。

デーブ やってた、日本人向けの映画館で。「若大将、格好いい」と思って。だから、加山雄三みたいな人がたくさんいると思って日本に来たら、1人しかいなかった。

テリー 当たり前だよ。

デーブ でも、会おうとしたけど、なかなかツテがなくて断念したんですけど。日本に住むようになって、91年かな、加山さんに初めて会って。ものすごいいい人で。だから、いろんな映画の影響で日本に憧れたっていう。当時はまだインターネットないから。

テリー 日本の映画って何を見てたの?

デーブ 黒澤明とか。

テリー 黒澤明って時代劇?

デーブ そう。その時は三船美佳に会うとは思わなかったですね。

テリー 確かにそうだ(笑)。

デーブ あと、勝新太郎。「座頭市」が好きで。だから、そういう憧れは映画からあったんです。今だとSNSとかYouTube、みんなやってるじゃないですか。でも、当時は本とか雑誌しかない。「週刊平凡」「明星」もずっと読んでましたね。

テリー 当然だけど、アメリカにも「ララミー牧場」とか「逃亡者」「サンセット77」「コンバット」、おもしろい番組がいっぱいあったじゃないですか。その影響は受けてないの?

デーブ でも、日本のものは漫画とかを通して、やっぱりいいなと思ってたんですよ。「巨人の星」も当時流行ってて、「誰も笑ってないし、何であんなに深刻に野球をやるのかな」とか「何でボールがお餅みたいに伸びるのかな」と、ちょっと疑問はあったんですけど。あとは「おそ松くん」読んだり。

テリー へぇ。

デーブ チビ太君がいつも大きいおでんを持ってるんですけど、それも何だかわかんなくて、「金属探知機かな」と思ってたんですよ。日本のお笑いは、赤塚不二夫さんとかタモリさんも大好きでした。日本のバラティー番組もすごく好きで、ずっと見てましたからね。

テリー そのうち自分がテレビに出るようになったんだ。

デーブ 「笑っていいとも!」に出るとは思わなかったですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか