スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ダイワマッジョーレが穴だ!」

 今週から東西ともに舞台を移し、東は「毎日王冠」が東京で行われる。比較的堅めで収まるレース傾向の中、万券王・水戸はダイワマッジョーレを穴馬に指名した。一方、西の「京都大賞典」は、牝馬メイショウマンボに注目!

 関東圏は3開催(秋開催1回は中山競馬場スタンド改築に伴う代替競馬)続いた新潟競馬が閉幕。今週からの東京競馬開催となって本格的な秋競馬を迎えるが、その第1弾は天皇賞の前哨戦、毎日王冠である。

 今年もまた顔ぶれがいい。開幕週で馬場状態がいいことからレコード決着になることも少なくなく、例年のように見応え満点の白熱した競馬が展開されることだろう。

 00年以降、14回を振り返ってみようか。牝馬の参戦が少ないこともあるが、よく連対を果たすのは充実期にある4、5歳牡馬。

 今回のメンバーでいうと、人気になるであろう、スピルバーグ、ディサイファ、ワールドエース(以上5歳牡馬)に、ロゴタイプ(4歳牡馬)は、穴党といえども軽く見るわけにはいかないか。

 それから、ここ数年の傾向だが、3歳馬の活躍がやたら目立つ。今回ではウインマーレライとロサギガンティアだが、ともに春のクラシック戦線で活躍してきた存在。要注意馬だ。

 馬券的にはどうだろうか。馬単が導入された02年以降を見てみると、その馬単で万馬券が飛び出したのは5回(馬連では2回)。特に荒れるわけではなく、GI級の馬が顔を連ねることからも順当に収まるケースが多い。

 しかし、一線級のメンバーとはいえ、GIを勝っているのはロゴタイプ(朝日杯FS、皐月賞)のみ。このところ精彩を欠いていることもあり、全幅の信頼を寄せ切れない。

 ならば、ワールドエース(皐月賞2着、ダービー4着)が最有力候補。続いて3歳馬のロサギガンティアということになろうか。

 ワールドエースは、この春のマイラーズCで驚異的なレコード勝ちを収め、健在ぶりを見せつけたが、早くからここ目標に順調そのもの。ロサギガンティアも同様で、1週前追い切りでは、すばらしい動きを披露していた。

 であれば、この両馬のいずれかから入るのが馬券の筋論となるが、それでは穴党としておもしろくない。

 期待を寄せたいのは、ダイワマッジョーレだ。こちらも昨年のGIマイルCSで小差2着があり、格からいって見劣りしない。それでも評価がイマイチ低いのはマイラーと見られ、そのマイル戦の前走・中京記念で11着と人気を裏切っているからだろう。

 が、その前走は軽い脚元の不安(裂蹄)があって5カ月ぶりの実戦。乗り込んではいたが馬体に余裕があり、明らかな重め残りだった。参考外に見ていいのではないか。

 今回もそれ以来、2カ月ぶりの一戦だが、調整休養で馬体に緩みはない。牧場でしっかり乗り込まれ、帰厩後も抜かりなく稽古を積まれている。すでに速い追い切りは4本。1週前のそれは坂路で目いっぱいに追われ、調教駆けするパートナー(準オープン馬)を3馬身も斬り捨てて気を吐いていた。

「春とは一変。臨戦態勢はきっちり整っている」

 と矢作調教師が目を細めるほどの好仕上がりを見せている。この距離で3勝していることから単なるマイラーでないことは明らかで、コンビを組む蛯名騎手も「2000メートル前後がベスト」と言い切る。

 鉄砲駆けの実績があり、左回りはスムーズで、特に東京コースをめっぽう得意としている。天皇賞を目指しており、であれば、ヘタな競馬は断じてできないだろう。ハイアーゲーム(ダービー3着。青葉賞、鳴尾記念勝ち)の弟で、女傑イヴァンジカ(凱旋門賞、仏1000ギニーなどGI3勝)を4代母に持つ良血。また、このレースで活躍が目立つ5歳牡馬でもある。大きく狙ってみたい。

◆アサヒ芸能10/7発売(10/16号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?