社会

みのもんた「国会で女性同士の論戦はいいことだと感じる」

20141030s

【女たちのバトルが国会で勃発!】

参院予算委員会で民主党の蓮舫議員が質問に立ち、女性閣僚との論戦に挑んだ。有村治子女性活躍担当相の過去のエッセイの内容が現在の職務と真逆であること、松島みどり法相が選挙区の夏祭りで配ったうちわが公選法違反ではないかと指摘した。特に、タジタジとなった松島法相はその後も大臣就任後に警備上の理由から議員宿舎を借りながら都内自宅に宿泊していた問題など、別の疑惑が浮上。蓮舫議員が追及の先陣を切った格好となっている。

 蓮舫議員のことを、私は買っていますよ。事業仕分けの時に「2位じゃダメなんですか」という言葉だけが1人歩きしてしまったけど、あれだって全体を見ると巧みな追及だった。ただ、日本だと舌鋒鋭く相手をやり込めると、「生意気だ!」という批判が必ず出る。私と同じですよ(笑)。

 タレント時代、彼女が北京大学に留学する時までずいぶん一緒に番組に出ました。申し訳ないけど、その時はここまでの傑物とは思わなかったね。本当に勉強しているし、男相手に一切引かずに丁々発止とやり合うのがスゴいよ。バッシングを浴びても、耐える度胸もすばらしい。

 今回の論戦で槍玉にあげたのがエッセイだのうちわだので、「政策論争じゃない」という意見もあるけど、閣僚の人間性を知るいい論戦だったし、人間性を知ったうえで我々も選挙という選択をするわけだからね。

 ここでも何度も書いたけど、私は議員の男女比は半々にするべきだと思っている。政府は「女性が光り輝く社会を作ろう」と、数値目標を設置することを決めたんでしょう。政治の世界こそ男社会なわけだから、こういう審議で女性同士がやり合ってるのは実にいい光景だね。

 一方で、男の政治家はだらしない。同じ日の同じ委員会で山谷えり子国家公安委員長に「ねんごろ」ってヤジ飛ばすなんて情けないよ。日本の議員はフランスを見習いなさいよ。あそこは大統領に愛人がいても、そんなセコいこと言わないよ(笑)。国会がせっかく女性が輝く場になってきたんだから程度の低いヤジでその芽を摘んじゃダメだよ!

◆プロフィール みのもんた 1979年に文化放送を退社後、フリーアナとなる。以後、数々の番組で司会、キャスターを務める。1週間で最も生番組に出演する司会者のギネス記録保持者でもある。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“杏が離婚決意”報道で急浮上した東出昌大「謝罪会見で堂々と大ウソ」疑惑!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
浜辺美波が「彼氏がいたことない」白状、高校卒業後も“男性未経験”を継続中?
4
山咲千里、「現在の姿」に驚愕反応が続々も「含蓄ある発言」に賛同の声!
5
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!