スポーツ

掛布雅之 気になる各球団外国人選手の去就(2)

20141030r

 しかし、来季に不安なデータがあります。ゴメスはプロ野球歴代7位の166三振を喫しましたが、メヒアも歴代14位の156三振を記録しています。途中来日で打数の少ないメヒアの三振確率は2.88打席に1回でした。仮にゴメスと同じ打席数に立っていれば、93年の近鉄・ブライアントのシーズン歴代最多記録204三振を上回る213三振を記録していたことになるのです。これは、ゴメス以上に絶対に打てないゾーンがあるということです。今季と同じスタイルで打席に立つならば、厳しいシーズンを迎えることになりそうです。

 今までも2年目に成績がガタ落ちし、日本を去った選手が何人もいます。そういう選手は「野球」に順応できなかったのです。日本はアメリカよりチーム数が少なく、対戦回数が多いため、データ収集も緻密になります。打てるコース、打てないコースなど、まる裸にされます。そして、アメリカでは投手は自分の得意な球で勝負しますが、日本では徹底的に弱点を攻めてきます。ベースボールと野球の違いです。

 実際に成功した外国人選手は、適応するために努力を怠りませんでした。ヤクルトのバレンティンもその一人です。1年目の成績は打率2割2分8厘、31本塁打でした。本塁打王にこそ輝きましたが、あまりにも安定感に欠ける内容でした。ところが、相手投手の配球データを研究し、2年目はコンパクトな打撃に変えてきました。3年目の昨季はさらに進化し、60本塁打のプロ野球記録を樹立。今季はケガに泣かされましたが、それでもきっちり打率3割、30本塁打以上をマークしました。

 阪神の最強助っ人と言われたバースは、グラウンド外でも適応していました。同僚と将棋をするほど、日本の文化になじんでいたのです。ひょっとすると、ベースボールと野球も、チェスと将棋ぐらい頭を切り替える必要があるのかもしれません。相手から奪った駒を再利用できるなど、チェスしか知らない人には考えられないことでしょうから。さまざまなカルチャーショックを克服して初めて、長く日本で活躍できる選手となるのです。

 先日、引退を発表した元巨人のラミレスも「野球」に順応した代表的な選手。外国人選手初のNPB通算2000本安打を記録した、まさにレジェンド的な存在です。今季はBCリーグの群馬で、打撃コーチ兼任でプレーしましたが、NPB復帰の夢はかなわずユニホームを脱ぐことになりました。年俸は巨人時代の最高5億円と比べて100分の1の500万円(金額は推定)でした。プライドを捨ててでも「野球」にしがみつく姿は、ジャパニーズドリームを夢みる新外国人選手の模範と言えるかもしれませんね。

阪神Vのための「後継者」育成哲学を書いた掛布DCの著書「『新・ミスタータイガース』の作り方」(徳間書店・1300円+税)が絶賛発売中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
2
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
3
縦スジも見えた!?フジ久慈暁子、走り高跳びに挑戦で注目された魅惑のヒップ
4
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
5
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?