芸能

永作博美VS石田ゆり子 NHKドラマ「さよなら私」W主演で“どっちとしたい?”大論争を独自判定!

20141030cd

 奇跡の40代として衰えぬ美貌を称賛される永作博美(44)と石田ゆり子(45)のドラマ初共演にネット上では「抱くならどっち?」と妄想論争が巻き起こっている。ならば、エロかわいすぎる熟女の二者択一問題に“ケツ”を下す。

 10月14日にスタートしたドラマ「さよなら私」(NHK)は永作と石田のW主演作。物語は人もうらやむ家庭持ちの人妻(永作)と奔放な独身生活を謳歌する映画プロデューサー(石田)が同窓会で再会したことがキッカケで、石田が夫と不倫していることが発覚する。口論の末、揉み合いとなった2人は階段から落下し、その衝撃で相手と心が入れ代わってしまい‥‥、まさに熟女版「転校生」とも言うべき展開なのだ。

 アイドル評論家の小谷哲氏が2人の魅力を比較する。

「どちらも肌劣化がなく年齢とは見合わない若さとかわいらしさを保っている。大きな違いは結婚して2児の母の永作といまだ独身の石田の違いがありますが、ともに肉感的ではないが、そこはかとないエロスを持ち合わせている点はそっくりです」

 実際の2人の素顔をスポーツ紙記者が明かす。

「CMではいつもニコヤカな永作さんですが、ふだんはあまり笑顔を振りまいているタイプではない。むしろ『ちょっと怒っているのかな』と思うほどツンツンしているくらい。ところがここ、という場面でフワッと満面の笑顔を披露してくれる。そのギャップにみんなヤラれてしまうんです」

 この笑顔以上に取材陣を一気にトリコにしてしまう“永作マジック”もある。

「童顔のせいで丸っこいイメージがありますが、実際には目鼻だち全てが小作りで手、足、ウエストもほっそり。でも、ああ見えて意外に胸は大きい。女優としてはあまりオンナを売るタイプではありませんが、肌の露出の多い衣装の時には、チラリと形のいいバストをかいま見せてくれます」(ワイドショースタッフ)

 対する石田はどうか。

「これまでに『不機嫌な果実』(97年、TBS系)など数々の大胆な濡れ場を演じているが、なぜか下品にはならない、美人なだけでなく持って生まれた上品さを兼ね備えている。半面、妹と2人で事務所を立ち上げ、社長まで務める男勝りな一面もあり、女優として不倫役などセクシーな役柄にも積極的に挑んでいます」(前出・スポーツ紙記者)

 今回のドラマでも初回ラストで心が永作、という設定での倒錯不倫な情事シーンを見せたばかり。

「男が放っておかない美人なのに結婚しないのが七不思議ですが、男より自分の興味を優先するタイプなんです。オフには海外旅行に出かけ、不思議な民族工芸品などを土産に買って知人を困らせるおちゃめな一面もある。スラリとしたボディを保つ秘訣は、今でも続けている水泳にあるようです」(前出・ワイドショースタッフ)

 この2大四十路美女に関し、緊急100人アンケートを行うと、

「石田は美人すぎて近寄りがたい印象。ツンデレな永作と不倫したら楽しそう」(50代男性)

「色気では石田のほうが上。従順そうな独身女を愛人にしたい」(60代男性)

 など、評価は真っ二つ。

 ちなみに、ドラマ初回放送開始日に誕生日を迎えた永作は、番宣で出演したNHK「あさイチ」で「かわいくて損したことは?」という視聴者からの問いに、「大人に見てもらえなかった」と答えていた。

 となると、ここは大人の魅力に「一日の長あり」で、僅差ながら石田の勝ち! とさせていただこう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?