スポーツ

中日・大島洋平の2000安打達成に「チームが弱いから試合に出られた」という宮本慎也のズバッと激言

「2000本達成しました…けど…しました。本当にたくさんの声援をいただいて、その中で打つことができて、本当によかったなと思ってます」

 プロ野球史上55人目となる通算2000安打を本拠地の中日ファンの前で達成した大島洋平は、長い道のりをそう語った。

 大学、社会人を経てプロ入りした選手では、古田敦也氏、宮本慎也氏、和田一浩氏に次いで4人目という快挙だ。にもかかわらず、8月28日に公開されたYouTubeチャンネル〈中日ドラゴンズ公式チャンネル〉での、中日ファンに向けた大島のコメントは、なんとも歯切れが悪い。最下位を独走するチーム事情、まして中日は8月17日の巨人戦からこの試合まで、8連敗していただけに、

「チーム的には負けてしまって、今も連敗が続いてる状態ですけど、これをきっかけに明日から勝てるようにやっていきたいと思います」

 野球解説者の宮本慎也氏は、YouTubeチャンネル〈野球いっかん!〉で、大島の快挙を次のように評した。

「チームが弱くなってたから出れたっていう。代わりの選手がなかなか出てこないから、弱くなっていくわけじゃないですか。新陳代謝もなく。そうすると、出続ける可能性が高くなる。2000本を打つってことだけを考えたら、結果的にそうなんやろな…」

 なんと、辛辣な言葉なのである。

「大島は2009年ドラフト5位で中日に入団しましたが、当時は落合博満監督の下、幾度も優勝を成し遂げた時期。大島は入団するなり2010年、2011年と、リーグ連覇を経験しました。しかし、高木守道監督代わった2012年の2位を最後に、翌年からは7年連続でBクラス。2020年は3位に浮上しましたが、その後は5位、6位と、まさに弱いチームの一員でした」(スポーツライター)

 中日以外にいたならば、記録を作るのはまだまだ先だった、ということか。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白