芸能

安藤サクラが「和製女デ・ニーロ」と呼ばれるワケ

 女優の安藤サクラ(28)の主演映画「0.5ミリ」が11月8日に公開された。主人公をサクラが演じることに決めた形で、同名小説を書いたサクラの姉・安藤桃子が自ら脚本・映画化した。同作には父の奥田瑛二、母でエッセイストの安藤和津が参加した。

 一家総出のうえに、サクラの夫で俳優の柄本佑の親である柄本明・角替和枝夫妻も出演している奥田ファミリー映画だ。

「3時間を超える長尺の映画だが、中だるみ知らずの快作。津川雅彦、坂田利夫らが演じる老人たちに接近、言葉巧みに取り入り、押しかけ介護士として働くサクラが抜群にいい。桃子監督は自他ともに認めるシスコン。サクラのことが大好きで、目に入れても痛くないほどかわいがってきた。奥田瑛二が仕事と女遊びでほとんど家に帰ってこなかったためか姉妹の絆は強い。桃子監督は『サクラマニア』を自称するだけあって、一番いい表情を知っており、女優としての魅力を最大限に引き出した力作です」(映画記者)

 サクラも4歳上の姉を何かと頼りにしており、青春時代には「姉がいれば恋人はいらない」とマジメに考えていたという。

「普段のサクラはとにかく人見知りで、人前に出るのが得意でなく引っ込み思案。思った事や感じた事を言葉にするのも苦手で、うじうじするタイプでした。だが、こと映画に関してはまるで別人。演じたい役は何が何でも手に入れてきた」(映画ライター)

 12月に公開される映画「百円の恋」のヒロインは、オーディションを受けたサクラが700人もの応募者を蹴落として手に入れた。この映画では引きこもりのグータラ娘が、中年ボクサーに恋をし、ボクシングに挑戦。身も心も激変していく姿を描いている。

「サクラは役のためにクランクインして10日間で体重を10キロも絞ったという。急激な減量をすると体力まで落ちて、集中力を欠いたりするものだが、そんな素振りはまるでなかった。ボクシングシーンにも一切弱音を吐かずにやり通した。父親譲りの粘り強さ、役に対するこだわりは半端じゃない。和製女ロバート・デ・ニーロという声もあがっているほどです」(ネットライター)

 映画関係者の間でもサクラの評価は高まるばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ