芸能

TBS安住紳一郎アナが「欠席」前日の眼球充血時点で代役が立てられない「人材不足」のヤバさ

 TBSの安住紳一郎アナが10月18日、朝の情報番組「THE TIME,」を欠席。宇賀神メグアナが「安住アナウンサーは目の調子が悪いため今日と明日はお休みです」と説明した。安住アナは前日の放送ですでに右目のまぶたが腫れ、眼球が充血していたことで視聴者から心配の声が寄せられていた。

「安住アナは8月にも喉の不調で4日間番組を休んでいる。特番を含め出ずっぱりの状態に視聴者からも『働き過ぎ』の声が上がっていましたが、疲労が溜まっていることは間違いないでしょうね。そもそも、前日に目が充血している時点で代役を立てて休むべきだったのでは」(芸能ライター)

 しかし近年、TBSでは有力アナが相次いで離脱しており、人材不足ぶりが注目されている。男性アナでは昨年、小林廣輝アナや国山ハセンアナが退社。女性アナでは人気アナが続々と辞めるなか、「エース候補」といわれた野村彩也子アナも今年になりレギュラー番組を続々と降板。近々にも退社するのではと囁かれている。

「結局、TBSは安住アナと江藤愛アナの2大体制で番組を回すしかなく、この2人ばかりに出番が集中している。ベテランの安住アナが毎日のようにテレビやラジオに出ているのですから、どれだけ人材が不足しているのか。江藤アナも安住アナとともに早朝から『THE TIME,』(水・木・金)の進行や司会を務める上に特番も任され、以前から比べかなり痩せている。少々心配ですね」(前出・芸能記者)

 安住にとっても、これだけのベテランになって自分の代わりが不在というのも心もとないだろう。次世代のエースアナを育てないと、早晩番組が回らなくなるのではないか。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え